最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ガッキー3位!? 「2017年大活躍した女優」第1位は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2017年を振り返ってみるとドラマや映画など、いくつものヒット作が誕生している。その作品の内容はもちろんだが、印象に残っている女優もたくさんいることだろう。そこで今回は「2017年に、もっとも活躍したと思う女優」を、10~50代の男女100人に聞いてみた。その結果をランキング形式で紹介していこう。

第5位(6%)に選ばれたのは、吉岡里帆(24)。女優として注目されていなかった頃はグラビアにも挑戦。2015年にNHK連続テレビ小説『あさが来た』で、波留(26)演じるヒロインの親友役を演じ、そこからテレビドラマの出演が急増した。2017年には、ドラマ『カルテット』、『ごめん、愛してる』(ともにTBS系)などに出演した。選んだ人は「テレビドラマやバラエティやテレビCMなどにたくさん出演していた」(31歳男性)など、多方面での活躍を理由に挙げていた。

第3位(11%)には、2人の女優が同率でランクイン。まず1人目は、新垣結衣(29)。これまで『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)をはじめ、ヒット作に多数出演しているが、2017年も大活躍。とくにドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)や、映画『ミックス。』での熱演が話題になった。選んだ人の理由も「コードブルーが良くて好感度ナンバー1になった」(42歳男性)、「逃げ恥に続いて、印象的なドラマに出ていた」(47歳女性)のように、2017年も人気作に出続けたことを評価する人が目立った。

第3位(11%)のもう1人には、綾瀬はるか(32)が選ばれた。女優としてのキャリアはかなり長く、2004年放送のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)のヒロインに抜擢されて大ブレイク。その後はトップ女優として活躍を続け、ドラマ『ホタルノヒカリ』(日本テレビ系)、『JIN-仁-』(TBS系)、大河ドラマ『八重の桜』(NHK)など、大ヒット作品に出演した。そして2017年も、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)でのアクションシーンが話題になった。選んだ人の理由には「NHKでも民放でも見る」(55歳女性)、「ドラマにも出ているし、仕事が途切れていないイメージ」(33歳女性)、「コマーシャルなど見ない日がない」(55歳男性)など、露出の多さは抜群だったようだ。

第2位(12%)にランクインしたのは、有村架純(24)。2013年に、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)に出演して大ブレイク。その後も映画『ビリギャル』、『ストロボ・エッジ』など、毎年のように活躍していた。2017年は、連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)のヒロインに。さらに『紅白歌合戦』の紅組司会を2年連続で任されるなど、抜群の知名度を誇っている女優だ。選んだ人の理由にも「朝ドラに出ていたから」(33歳女性)、「朝ドラでの演技力。高視聴率」(54歳男性)など、やはり朝ドラを挙げる人が圧倒的に多かった。若者からかなり年配の方まで、幅広い年齢層から支持を集めていたのが印象的だった。

そして2017年を代表する女優の、第1位(19%)に輝いたのは、広瀬すず(19)。もともと雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルとして活躍し、2013年にドラマ『幽かな彼女』(関西テレビ)で女優デビュー。2015年には、映画『海街diary』での演技が高く評価され、映画賞の新人賞を総なめ。また、2016年には映画『ちはやふる』で、日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を獲得した。ちなみに実姉は、やはりモデルや女優として活躍中の広瀬アリス(23)。2017年は、映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を始め、映画での活躍が目立っていた。選んだ人の理由にも「映画で大活躍だった」(31歳男性)、「常に映画で見ている気がする」(20歳女性)のように、映画での活躍を挙げる人が圧倒的多数。また、「ドラマの演技がうまくて印象が強い」(28歳男性)と、女優としての実力を評価する意見もあった。

今回のランキング結果は以上のようになった。他にも、北川景子(31)、米倉涼子(42)、高畑充希(26)といった名前も上位にランクイン。彼女たちの2018年の活躍にも期待したい。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス