最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【あらびき連載 Vol.8】キュートン「われわれが唯一、輝ける場所」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月29日(金)夜11時50分からTBSで「朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017」が放送される。

「あらびき団」は、“あら削り”な一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組で、2007年10月から2011年9月までレギュラー放送されていた。MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、ファンの中では“伝説”と称される異色の番組だ。

番組の魅力に迫る短期連載企画、いよいよ放送日を迎えラストとなる第8回では、さまざまな“ポージング芸”で東野、藤井、そして視聴者を魅了する椿鬼奴、くまだまさし、キートン、坂本雅仁、高橋邦彦、しんじのユニット・キュートンに直撃!

■ あらびき団と私

――ご自身にとって、「あらびき団」という番組はどのような存在ですか?

椿鬼奴:通常回のときは、もっと好きなことができた(笑)。クレームじゃなくて、今はたまにしかないんで、“おなじみの”というのがあるんですけど、昔はパチンコの演出を説明するだけのネタでも通ったんで、「昔は緩くて良かったなあ」っていうのは、ちょっと思いました。

だから(「あらびき団」は)ネタが…無理めのやつも通る場所。今の通常回じゃないときはちょっと厳しめなんですけどね(笑)。

キートン:キュートンという団体として、唯一、地上波で出してくれるのが「あらびき団」なんで、とてもありがたいです。

くまだ:「あらびき団」というと大人気の、特にお笑い好きな人は本当に楽しみにしている番組ですけど、僕の中ではごめんなさい、視聴者の方よりも、藤井さん、東野さんに向けたオーディションという感じのイメージが僕の中ではあります。

しんじ:何も考えてなかったんですけど、ありがたい場所ですね(笑)。

坂本:まだ思い付いてないってことですね(笑)。僕は、われわれが唯一、輝ける場所だと思います。キュートンが出ると…ま、他の番組っていうのはほとんど出たことないですけど、「あらびきだね」って言ってもらえますし。

唯一、「あらびき団」だけが、われわれに少しだけ光をくれた所だな、という唯一“輝ける場所”だと思います。

高橋:ここだけですね。人生で唯一、“スター”って呼ばれる場所っていうんですかね。“あらびきスター”と呼ばれる唯一の。人生で他に“スター”と呼ばれる場所はないですけど。ここだけ“スター”って呼んでくれるみたいな所ですね。

■ あらびき団員としての心得

――あらびき団員としてネタを披露する上で、大事だと思ったことはありますか?

椿鬼奴:あらびき団員として心得…(長い沈黙)あ、楽しそう。みんな。楽しそうだなって感じ。

坂本:僕が思う心得は、変わらないことじゃないですか。これ以上、ひどくてもダメだし、逆に言うと良くなっても駄目だしっていう、このちょうどいい湯加減がいいのかなと。藤井さん、東野さんがおいしくしてくれる湯加減が、ちょうどいいのかなと思います。

高橋:収入低い人が入りやすい(笑)。収入低い人が多いよね、共通することって。お金持ちはちょっと違うかなと思って(笑)。売れている層に来られても、やっぱりちょっと違うかなと。

キートン:確かにそれはあるね。すごく売れている、コンビとしてちゃんと世に出ている人が、コンビではできないピンネタをやりに来ましたみたいなのを見ると、ちょっとイラッとする。

「コンビでできないことを、ここでぶつけるんじゃない」っていう。「自分の単独ライブでやってくれ」っていう感じがするな。

――ユニットとして、「これだけはネタで意識していること」はありますか?

椿鬼奴:あの、まあ…陰毛を出さないようにというか(笑)。それはあるよね。

キートン:あるね。出てないよね。

椿鬼奴:付け毛で隠すっていう…心掛けているっていうのはありますね。本当のは出さないように、と。

■ あらびき団と苦悩と喜び

――これまであらびき団に出演してきて、苦労したことやうれしかった出来事などありますか?

椿鬼奴:「あらびき」のおかげでパリにも行けたのは…フランスに行けたっていうのはうれしかったですね。自分で撮影するロケでしたけど(笑)、「あらびき」で流してくれたし。

キートン:1円も出してくれなかったけど(笑)。

椿鬼奴:自費ですけど。

キートン:自費で行くときにカメラ、ハンディだけ渡されて「撮ってこい」という感じだった(笑)。誰も付いて来てくれなかったな。

椿鬼奴:でも、東野さんがごちそうしてくれたんですよね。それをかわいそうだと思って。

キートン:それが一番じゃないですか。一番のいい思い出。

椿鬼奴:あと、堂本(剛)さんに作曲してもらったことがありましたね。一番(の思い出)はそれかなあ。

■ あら1-グランプリと私

――今回「あら-1グランプリ」の第3弾ということで、グランプリを取る自信はありますか?

椿鬼奴:あたしらもエントリーしているんですか? あ、そうなんだ(笑)。

キートン:「あらびき団」が、“あら-1グランプリ”を兼ねているってことなんですか? 知らなかった! じゃあここで優勝…第3回のチャンピオンみたいなのが決まるってことですか?

わ、全然知らなかった! 知っていたところでたぶんネタは変わんないと思いますけど(笑)。

椿鬼奴:変わんない(笑)。私たちって、あらびきの他の皆さんに比べたら小ぎれいなんですよね。私はそう思っちゃっていて。だから“あら-1”って感じはしていないというか。

よりあらいっていう感じで考えたら、うちなんかもしかしたら、ハイソっていうか(笑)。

キートン:ポップ?

坂本:シュッとしちゃってる?

椿鬼奴:シュッとしちゃってるかなあ、と思いますけど。ザコシショウを見てると、とてもじゃないけど及ばないっていうか。

高橋:優勝してもいいことなさそうだし(笑)。

しんじ:賞金ないんですか?

――賞金は今のところ聞いてないですね。

高橋:やっぱりいいことないんですね。

■ あらびき団と野望

――あらびき団を通しての野望みたいなものがあれば教えてください。

椿鬼奴:通常放送になるということですね。半年に一回だと、ポップな感じになっちゃう(笑)。ちょっと不本意ですね。

くまだ:毎週毎週やっていると、スタッフさんも疲れてきますから。

椿鬼奴:「これでいいでしょうか?」「(疲れているから)もうこれで行きましょう」と。

くまだ:それが逆にいいのかなあ、っていうのもあるので、やっぱりレギュラー放送。

椿鬼奴:レギュラーでやってほしい。

くまだ:でも深夜。

椿鬼奴:深夜がいい。

キートン:うちのメンバーも全員、年いっているので。ボチボチ、欠けてくる人間も出てくると思うんですよね(笑)。

椿鬼奴:思い出作り。

キートン:全員そろっているうちにいっぱいやってほしいですね。

しんじ:レギュラーになって、まあ全国じゃなくてもいいんで。

椿鬼奴:初めっからそうじゃないですか? 全国でしたっけ?

――ローカルです。放送されている地域もいっぱいあります。

しんじ:関東ローカルでお願いします。

坂本:そういうことですか、ずっとそうだっつってるの(笑)。ずっと出たいですね。「なぜかずっといるね」って言われたいですね。

高橋:みんなちょっと、変な人が多いんで、国から補助金が出てもいいのかなって(笑)。

――番組に補助金? それとも個人的に?

高橋:それは番組ですよ。個人的にも欲しいですけど、それは自分で申請しますんで(笑)。なんかね、もうちょっと息を長く。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/132543/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス