彼女に「よく見ておけ。俺は怒るとクレイジーになる」26歳男が無差別発砲(米)

「俺を怒らせるとどうなるのか、クレイジーなところを見せて彼女をビビらせたかった」―そんな呆れた理由で道行く人めがけて次々と拳銃のトリガーを引いた男。なんとも恐ろしい話題が米ルイジアナ州ニューオーリンズから飛び込んできた。

ルイジアナ州ニューオーリンズのメディア『New Orleans Advocate』『New Orleans Times-Picayune』ほかが伝えたところによれば、無差別発砲事件が起きたのはランパートストリートとモンテガットストリートがクロスする交差点で今月10日のこと。路上の人々に対し、次々と銃を発砲して逮捕された男はグレン・アルヴェリスJr.(26)。犯行の動機は「交際中のガールフレンド(20)と喧嘩した。ビビらせてやるためにも、俺がクレイジーな男だってことをわからせてやりたかった。撃つ相手は誰でもよかった」という呆れたものであった。

その日、あるパーティにガールフレンドと共に参加していたアルヴェリス。彼女がほかの男性と親しげにダンスしている様子を見て、車に戻ってから激しい口論に。激高したアルヴェリスは銃を持ち出し「殺してやる」などと脅した。だがその銃口が向いた先は何の罪もない人々であった。「俺がどれくらいクレイジーなのかお前にわからせてやる」と言うと、アルヴェリスは道行く人々に向けて発砲。犬を散歩させていたローリー・ディートリヒさん(54)が被弾して左脚に重傷を負った。

警察に最初に911番通報して車の特徴を告げたのはこのディートリヒさんで、個人的な怨恨の可能性をも視野に捜査がスタートしたが、いっきに進展をみせたのは14日であった。20歳の女性から「交際中の男と口論が激化して殺されそうになり、自己防衛のため彼をキッチンナイフで刺した。自分も負傷している」と告げる電話が入り、彼女の供述内容から警察はこの2件の事件に関連性があることを突き止めた。交際相手に対する家庭内暴力、銃器の不正使用と殺人未遂などアルヴェリスの起訴にあたっては重罪も含め罪状は複数におよび、保釈保証金の設定はなされないまま身柄は拘置所に送られた。

検察当局は、家庭内暴力に関する最初の訴追において2万ドルの保釈保証金が設定されたとしているが、アルヴェリスは今年9月にも第二級暴行事件を起こして逮捕されていたこともあり、予備審問を経てニューオーリンズ市刑事裁判所は「地域社会にとって極めて危険な人物」と判断。保釈を認めなかったという。

テックインサイトでは今年も呆れた動機による発砲事件を多数お伝えしてきたが、この一件が今年最後の“世も末の銃社会アメリカ”の記事となることを願ってやまない。しかしパーティに興じる者、ホリデイを一緒に過ごす仲の良くない者、深酒やドラッグに興じる者―この3つが出揃う時期だけに、何事も起きないとは到底思えないのがこの国の悲しい現実である。

画像は『The Herald Sun 2017年12月22日付「To show his girlfriend he was ‘crazy,’ he opened fire. But she wasn’t the target, cops say.」(Orleans Parish Sheriff’s Office)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ