フリーアナ・伊東紗冶子の鼻が「板野友美、チャン・グンソク、ショーンKにそっくり!」 一般人ディスも話題で大注目の新星嫌われタレント

messy

2017/12/28 17:10


 12月26日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、フリーアナウンサーでタレントの伊東紗冶子(23)が出演して話題になっている。

今回の放送では、コスプレをして番組に参加するというコンセプトに基づき、伊東はシンデレラコスで登場。MCの明石家さんま(62)からは「シンデレラになろうとすることが凄い」と、その根性を称えられていた。

そして番組でプロポーションの話題になった時、9頭身の“神ボディー”というキャッチフレーズのある伊東に話がフラれるも、「カップは言えない。サイズも言えない」とかます。水着グラビアも散々披露しているので、そこは隠さなくても良いのでは。

もっとも盛り上がったのは、「なんと言って褒められたい?」と聞かれた伊東が「私は普通に『綺麗になったね』って言われた方が嬉しいです」と満面の笑みでさんまに返す場面。しかしさんまが「君は綺麗やから(言われないよ)」と持ち上げると、伊東は「え!? そんなことないですよ~」とすかさず否定するというコンボをキメた。するとスタジオでは女芸人たちが一様に顔をゆがめて「うわ~! 今のヤバいね」と大騒ぎ。さんまも「絶対思ってるじゃん! 思わな写真集なんて絶対出さへんからね!」と追撃するも、伊東は「写真集出すとき、出せるのかなって。ホントに無理だと思って」と謙遜、もう面倒くさいアピールが止まらない。全身から自信が満ち溢れているのに、褒めると「そんなことないですよ~」で返してくるタイプなのである。

さらに伊東は「今年最もムカついた出来事」というトークテーマで自身のエピソードを喋ったのだが、これがまた別方向から視聴者の反感を買うことに。「ミス近畿大学2013」で準グランプリを受賞している伊東だが、知り合いの知り合いから「ミスコンに出る人ってダサいよね」と陰口を叩かれたことがあるそう。伊東はショックを受けて最近まで引きずっていたというが、その陰口を叩いた人物のSNSをのぞいてみると、大学卒業を遅らせてまでミスコンに出ていたらしい。伊東は「もう何なんだと思って! すっごいムカついたんです!」と語った。

するとこの話がテレビを使って一般人に復讐していると話題に。確かに伊東の大学時代の友人などはすぐに誰のことを指しているかわかったはずだ。

わずか1回の出演でだいぶ爪痕を残した伊東だが、顔面でも視聴者に大きな印象を残していた。伊東の鼻に違和感を覚えるというのだ。眉間からがっつり太く鼻筋が通っているため、「どう見ても整形」との声が視聴者間で続出している。伊東の鼻は板野友美(26)、チャン・グンソク(30)、ショーンK(49)たちと同じく「アバター」系統。そして彼らも全員整形疑惑が根強い。

「ミス近畿大学2013」出場直後の伊東の顔を見ると、不自然な感じはなく、鼻の形も普通に整っている。謙遜する必要ゼロの美しさである。仮に整形だとしたらどこに不満があったのだろうか。しかし、この頃と比べると目の二重ラインもくっきりはっきり、顔つきがキツめになっており、鼻だけ変わったという感じでもない。

伊東の変化はメイクなのか、メスなのか。何にしろ、今はシンデレラになりきれるほど自分に自信を持っているようで、色々とたくましい。図太い神経で来年はさらに高みにのぼりつめてほしいものである。

(ボンゾ)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス