90万円分のうなぎ弁当や、コンビニ1軒を丸ごと差し入れ…!? 2017年にスゴイ差し入れをした芸能人!

TOCANA

2017/12/28 09:00


 長時間に及ぶこともあるドラマの撮影や舞台の練習。一生懸命仕事をしている時に差し入れがもらえればどんなものでもうれしいが、大物芸能人たちはとんでもない差し入れをすることもある。2017年に豪華すぎる差し入れをした芸能人たちの伝説を振り返ってみよう。

役所広司

2017年冬のドラマ『陸王』(TBS系)で主役を演じた役所広司(61)は、スタッフとキャスト全員に“陸王オリジナルパーカー”をプレゼント。『陸王』で共演する市川右團次(54)はブログで「宮沢社長(役所の役名)から… オールキャスト、スタッフに… パーカーを頂きました」と着用画像付きで報告している。

さらに、出演者の和田正人(38)は、自身のTwitterで役所から焼肉弁当の差し入れがあったことを報告。立派なのし紙に包まれた弁当には、「感謝祭、感動をありがとう! こはぜ屋 四代目社長 宮沢紘一」と粋な文言が書かれている。ツイートによると、これは高級焼き肉店「叙々苑」の弁当らしい。

笑福亭鶴瓶

今年大きな話題になった元SMAP3人による生放送『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)。この番組に太っ腹すぎる差し入れをしたのが笑福亭鶴瓶(66)だ。同番組にVTRで出演した鶴瓶が「差し入れでもなんでも言ってくれ」と語ると、稲垣吾郎(44)からうなぎのリクエストが。

その後鶴瓶からうなぎ弁当200人前が届けられ、香取慎吾(40)も「鶴瓶師匠のうなぎ注入!」と嬉しそうにインスタグラムに写真を投稿していた。後日、『きらきらアフロTM』(テレビ東京)に出演した鶴瓶は「登川」といううなぎ屋に200人前を注文したことを明かし、1個の弁当の値段が4,500円であることも告白。単純計算で計90万円の差し入れということになる。

●松任谷由実

高級弁当の差し入れと言えば、歌手の松任谷由実(63)も負けていない。自身が座長を務める「朝陽の中で微笑んで」という舞台で、京都の老舗料亭「下鴨茶寮」の弁当を差し入れ。

公演を行った帝国劇場では、初日に座長が弁当を用意する“座長弁当”という風習があり、制作発表の会見で松任谷は「皆さんに喜んでもらえるのが楽しみ」と計画を練っていることを明かしていた。

その言葉通り、なんと構想に2カ月もかけたというオートクチュールの弁当が登場。出演者の伊藤広祥(23)もインスタグラムで「超豪華な座長弁当」と表現していた。オリジナルの弁当なので正確な値段は不明だが、各報道では“1個2万円相当”と囁かれている。

●HIRO

高級な弁当を差し入れる芸能人は少なくないようだが、高級どころではない差し入れをしてしまったのが、EXILEのHIRO(48)だ。自身が初めてプロデュースした映画『たたら侍』の舞台挨拶で、津川雅彦(77)が明かしたところによると、「コンビニを1軒差し入れ」したそう。

津川が「凄いスケールのことですよ」と褒めちぎるも、HIROは「簡易的にですよ。プレハブです」と謎の謙遜。出演者やスタッフが寒さにやられていたため、少しでも役に立ちたいと思い差し入れをしたという。

HIROの頑張りもあって2017年5月に公開された同映画だが、出演者の橋爪遼(31)が覚せい剤で逮捕されてしまい一時は公開中止に。その後、再編集して一部劇場で上演が再開された。

※画像は、「伊藤広祥」公式Instagramより

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス