ネプ・名倉、ロッチ・中岡らが集結! テレ東が本気の『コント番組』放送

しらべぇ

2017/12/28 06:30


いつの時代も人気の「コント番組」は、放送翌日の仲間内で一番の話題になってきた。しかし、ロケやトークを中心にしたバラエティ番組が隆盛を誇る昨今、コントに重きを置いた番組は減少傾向に。

そんな鬱憤を晴らすかのように、本日28日23時54分からコント番組『テレ東がコント作っちゃいました ふ~ん、それがどうした!』(テレビ東京系)が放送決定。「コントによる笑い」で2017年を締めくくる。

(画像提供:テレビ東京『テレ東がコント作っちゃいました ~ふ~ん、それがどうした!~』

■ネプチューン・名倉ら豪華出演陣


同番組は、ネプチューン・名倉潤(49)を座長に迎え、事務所やコンビの枠を超えた「実力派人気コンビの片方」が集結。

(画像提供:テレビ東京『テレ東がコント作っちゃいました ~ふ~ん、それがどうした!~』

名倉はスピードワゴン・小沢一敬(44)、次長課長・河本準一(42)と。タカアンドトシ・トシ(41)とアンガールズ・田中卓志(41)。ロッチ・中岡創一(40)は平成ノブシコブシ・吉村崇(37)と一夜限りの「奇跡のシャッフルユニット」を結成、珠玉のオリジナルコントを披露する。

他にも人気芸人が多数出演とのことで、コントファンの注目が高まっているようだ。

■名倉も手応えあり


「座長という事で、自分が出演する、しないに関わらず全部の台本や演出にも関わらせてもらって面白い作品がたくさん出来たと思います」

これまでも人気コント番組で活躍してきた名倉は、コントの出来栄えに確信をもって語る。『じっくり聞いタロウ』も担当するプロデューサー・テレビ東京の水谷豊氏も自信をのぞかせた。

「テレビ東京は元々、セットを組んで作るタイプのコント番組の歴史がほとんどありません。でも、スタッフと芸人さんと手作りで作ったコントは最高の出来になりました! 1年を振り返りながら、テレビ東京が作る他局では見られない異色のコント番組を『ふ~ん、それがどうした』ぐらいのハードルでご覧ください!」

■視聴者も出演者も興奮


発表を受け、コント番組を待ち望んでいた視聴者から歓喜の声が溢れている。







出演者の小沢も自身のツイッターで収録の感想を呟いていた。



視聴者、出演者共に、放送を今から楽しみにしているが伝わってくる。

■深夜番組が人気のテレビ東京


今「深夜番組が面白い」と思われているのはどのテレビ局なのか、しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,361名に調査を実施。男性では23.3%で1位、女性でも2位の21.1%がテレ東を支持している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

深夜帯で高い評価を得るテレビ東京だからこそ挑戦的に、この時代に生み出したコント番組は、新たなコントブームの先駆けとなりえる。2018年がコント番組に溢れる1年となるのか、その行く末を見守る意味でも、同番組は見逃せない。

・合わせて読みたい→本日のキングオブコント決勝で奇跡は起こるのか?【ザ・ギース尾関しらべぇ特別編】

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス