最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『ドクターX』読者アンケート"今年最も面白かったドラマ"でも1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の民放プライムタイムの連続ドラマの視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東地区)は、10月クールの米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)が全10話平均20.9%でトップとなった。一方で、視聴者はどのドラマを楽しんでいたのか。マイナビニュース会員に「最も面白かった作品」をアンケート調査すると、ここでも『ドクターX』が1位となった。
○2017民放連続ドラマ「最も面白かった作品」ランキング

今作が第5シリーズとなった『ドクターX』だが、自由記述による理由を見ると、「毎回見終わった後にすっきりする作品」(27歳女性)、「必ずハッピーエンドで気持ち良い」(51歳男性)と爽快感を支持する声が続出。マンネリを指摘する声もある中、「定番のストリーですが、そこが裏切らなくて面白かったです」(59歳男性)と、安定の展開に満足する意見がみられ、他にも「米倉涼子が大好きだから!」(39歳男性)、「米倉涼子がかっこいいから」(42歳男性)と、主演の米倉を絶賛する理由が目立った。

『ドクターX』主演の米倉涼子

2位は、こちらも10月クールに放送された役所広司主演の『陸王』(TBS)。「池井戸潤は裏切らない!」(56歳男性)、「下町ロケットに次ぐ作品だけあって面白く引き込まれる」(54歳男性)と、ヒットを連発する原作・池井戸潤×TBS・日曜劇場という強力タッグを今回も楽しんだ意見が多く占め、「パターンは決まっているが、やっぱり池井戸さんのドラマはどん底から這い上がっていくので面白い」(56歳女性)と、期待に応えた展開が評価につながったようだ。

3位は、7月クールの山下智久主演『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~ THE THIRD SEASON』(フジテレビ)。こちらもシリーズ作だが、「前回のシリーズより出演者が年相応になり真実味が増したし、ただの医療ドラマではなく後輩を育てる点で自分と重なる部分が多かった」(32歳女性)、「登場人物たちの成長が見られて、前作から見ているファンとしては嬉しかった」(34歳女性)など、7年ぶりの復活で描かれた変化も含め、支持する声が多くあがった。

トップ21作品のうち、やはり記憶の新しい作品が評価されやすいのか、直近の10月クール作品が上位を多く占めたが、1月クールも『カルテット』が6位、『嘘の戦争』が13位など健闘。局別では、TBS系が7作品で最も多く、次いでフジ系が5作品、日テレ系とテレ朝系が4作品、テレ東系が1作品となっている。

なお、今回のアンケートでは「2017年に放送された連続ドラマ(19~22時台)を見ていましたか」という項目も尋ねたが、「はい」と回答したのが66.4%、「いいえ」と回答したのが33.6%という結果だった。

●調査概要
調査期間: 2017年12月14日~24日
調査対象: マイナビニュース会員
有効回答数: 2,597人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス