道端アンジェリカの結婚相手に注目! 「お金ない人は性格悪い」高収入メンズへのただならぬ執着を振り返る

messy

2017/12/27 19:15


 12月25日、道端アンジェリカ(32)が韓国籍の一般男性との結婚を発表し、ネット上で反響が相次いでいる。

アンジェリカといえば、2015年3月に放送された『解決! ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、「(年収)5,000万円は絶対に欲しい」「経済力がない相手を考えたことがない」「週に1度は男と女に戻るため、ベビーシッターに預けてデートしたい」「女の子からお金取る人なんて絶対に嫌。1円も取ってほしくない」と訴え、当時のネット上では「お前は何様だ!」「自分のことばかり」「現実が見えていないのでは」と批判の声が相次いでいた。

さらに同年4月、アンジェリカは『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演した際も、「お金持ってる男性は大体優しい」「お金ない人のほうが性格悪い」と発言。結婚相手の経済力に対して、かなりのこだわりを見せていた。

しかし、アンジェリカが結婚発表したInstagramの投稿には、相手の資産や収入に関する記述はない。「私、 道端アンジェリカはかねてよりお付き合いしてました方と入籍致しましたことを、ご報告させていただきます」「お相手の男性は、韓国国籍の一般の方です。骨折、乾癬悪化と辛い1年を過ごしていた私にとって彼との出会いは特別なものであり、弱っていた私を心身ともに支えてくれ、辛い思いをすべて忘れさせてくれる大切な存在です」とのこと。

『ホンマでっか!? TV』に出演した際、結婚相手に選ぶ相手のタイプを選択する場面で、「優しくフィーリングが合う人」よりも「収入・学歴・身長といった数値的なものが高い人」を選んでいたアンジェリカ。同投稿を見ると「優しくフィーリングが合う人」を選んだようにも見えるが。とはいえ、アンジェリカの方程式に準じていれば、”優しい人”=”お金持ち”なのかもしれない。

そして、”優しい人”=”お金持ち”の方程式が悪いわけでもない。誰をどんな基準で好きになろうが、どういった条件で結婚しようが、当人の自由である。性格や内面が好き=純愛=尊いなんて方程式もしゃらくさい。

アンジェリカの夫は“一般の方”と公表されているが、つまり“芸能人ではない”だけで会社社長や資産家の可能性もある。17年4月に結婚を発表した菊川怜(39)は、相手を40代の一般男性と公表していたが、後に資産200億超とも言われているカリスマ経営者・穐田誉輝氏だと発覚。17年6月に結婚を発表した森下悠里(32)も、「10年来の友人」と結婚したと純愛をアピールしていたが、その後相手が年収10億円以上の会社経営者と報じられていた。アンジェリカも彼女自身の価値観に沿った「幸せな結婚」をできたのならおめでたいことだ。

(ボンゾ)

あなたにおすすめ