最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【ビルボード】『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌がアニメ・チャート首位 倉木麻衣/ユニゾンなどがTOP10に再浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年のチャート発表がラストとなる今週のチャート(2018/1/1付)を制したのは、TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』よりSaint Aqours Snowの「Awaken the power」。この楽曲は第2期アニメの第9話挿入歌となっており、セールス・ポイントで2位以下を大きく引き離し1位、ルックアップ(CDをPCに読み込んだ回数)でも1位を獲得。そのほかにも、ダウンロードで2位、Twitterで6位と好調にポイントを積み上げ総合ポイントでは断トツとなった。そして、同シングル収録曲のSaint Snowによる「DROPOUT!?」(17位)と「CRASH MIND」(19位)もTOP20にチャート・インし、さらに第3話の挿入歌であったAqoursの「MY舞☆TONIGHT」も16位に再浮上するなど、同アニメの関連曲が4曲もチャートに入る結果となった。

また、今週は「MY舞☆TONIGHT」のようにアニメ・チャート再浮上の楽曲が多く、前週15位の米津玄師「ピースサイン」(TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』OP)が3位に。ほかにも倉木麻衣「渡月橋~君 想ふ~」(映画『名探偵コナン から紅の恋歌』主題歌)がTOP20圏外から4位、A応P「君氏危うくも近うよれ」(TVアニメ『おそ松さん』OP)が11位から5位、UNISON SQUARE GARDEN「fake town baby」(TVアニメ『血界戦線 & BEYOND』OP)が12位から6位、どうぶつビスケッツ×PPP「ようこそジャパリパークへ」(TVアニメ『けものフレンズ』OP)がTOP20圏外から8位など、前週から順位を大きくジャンプ・アップした楽曲がTOP10を賑わせている。

それぞれのアーティストのメディア露出やアニメの新シリーズスタートなどトピックや要因は様々だが、2017年のアニメを振り返るとともに楽曲にも再び注目が集まっているという動向も考えられる。DAOKO×米津玄師「打上花火」をはじめ、「ようこそジャパリパークへ」「渡月橋~君 想ふ~」などダウンロードで強みを見せた楽曲がアニメ・チャートをけん引していたような印象だが、2018年はリスナーと楽曲との接触方法にも注目しつつ一体どんな“アニメ×音楽”が話題を呼ぶのか、楽しみにしておこう。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「Awaken the power」Saint Aqours Snow
2位「打上花火」DAOKO×米津玄師
3位「ピースサイン」米津玄師
4位「渡月橋~君 想ふ~」倉木麻衣
5位「君氏危うくも近うよれ」A応P
6位「fake town baby」UNISON SQUARE GARDEN
7位「虹のデスティネーション」星井美希(CV:長谷川明子)、萩原雪歩(CV:浅倉杏美)、水瀬伊織(CV:釘宮理恵)、三浦あずさ(CV:たかはし智秋)
8位「ようこそジャパリパークへ」どうぶつビスケッツ×PPP
9位「ToP!!!!!!!!!!!!!」765PRO ALLSTARS
10位「ASH」LiSA


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス