波瑠、エキストラに間違われショック

女優の波瑠が、12月26日に放送されたバラエティ番組「超踊る!さんま御殿!! 最強夫婦&コスプレ女豪華芸能人の大忘年会」(日本テレビ系)に出演。ドラマの現場でエキストラに間違われたと告白した。

番組はこの日、「今年ショックだったこと」をトークテーマに進行。波瑠は「ちょっと前にドラマを撮ってたんですけど、その現場で、スタッフさんにエキストラさんだと思われて呼ばれた」と明かした。

具体的には「ロケだったんですけど、商店街で撮影するのに、前の方が撮ってたんですね。別のシーン」「(自分の出番になったら)すぐ行けるようにしようと思って、近くにいて。私、エキストラさんの中に混じっちゃってたみたいで」という状況だった。

すると、波瑠はスタッフから手招きで呼ばれたため、近付いていくと「顔が分かるとき(距離)になって、(スタッフが)『はっ!ごめんなさい! 良い服着たエキストラさんがいるから使いやすいなと思って』」と間違われてしまったという。

この件について、番組MCの明石家さんま(62歳)は「そのスタッフさん、飛ばされてない? 大丈夫?」とミスで大変なことになってないかと心配したが、波瑠いわく「全然全然全然、仲の良いスタッフさんなんで、笑って終わった」とのことだ。

あなたにおすすめ