最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

発達障害のピアニスト、野田あすかさんの壮絶な人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


片づけられない、ガールズトークに入れない…女性の発達障害について、これまで4回に渡ってご紹介してきました。

今回は発達障害の中でも「自閉症スペクトラム障害」と診断され、数々の困難を乗り越えて現在ピアニストとして活動中の野田あすかさん(35)と、そのご両親にインタビュー取材を行いました。その壮絶な人生を2回に渡って取り上げていきます。

◆22歳で発達障害とわかるまで、両親は自分を責め続けた

実はあすかさんは22歳の時、自宅の2階から飛び降りて右足を粉砕骨折してしまいました。その後遺症のため、現在でも杖がなければ歩くことができず、日常生活では車椅子が必要です。しかしステージに立ち、ピアノと向き合う姿は、数々の苦難と向き合ってきた自信と優しさに溢れ、また聴いてくれる人たちへの感謝の笑顔に満ちていました。

「発達障害は、生まれつきの障害で、脳の機能の障害であり、親の育てかたやしつけが原因ではありません」(小児精神神経科医の宮尾益知医師)

この事実に気づかずに、「自分たちのしつけが悪かったから」とか「育て方が悪かったから」などと自分たちを責め続けてしまう親が大半です。野田あすかさんのご両親もそうでした。

母親の恭子さん(65)は教師として遠くの学校に通いながら、あすかさんの面倒をみていて、周囲から責められ続けたと言います。

「あすかがこうなってしまったのは、愛情不足に違いないとまで言われていました。すぐに仕事をやめなさいと言われ続け、私も母親失格だと自分を責め続けてきたんです。誰にも辛さを共有してもらえなくて、孤独な時間を過ごしてきました」

母親が責められる状況は、あすかさんが発達障害と診断された22歳まで続いていたのです。

「それまでも頻繁に過呼吸を起こしていたので心配だったのですが、本人が22歳の時、ピアノのレッスンでウィーンに短期留学をしたいって言ったのです。

もしかして海外では症状が出ないのではないかという期待を持っていたのですが、環境不適合を起こし、ウィーンの日本大使館から『救急車で運ばれた』という連絡が入ったんです。そのため、主人と2人ですぐにウィーンに飛びました。

ウィーンの病院で医師に診断されてはじめてわかったのが、あすかは広汎性発達障害、今でいう自閉症スペクトラムだとのことだったのです」(恭子さん)

http://youtu.be/8DJOZvULd5Q

◆リストカットしても覚えてない「解離性障害」

あすかさんは、発達障害と診断されるまでも、日常的に「過呼吸」や「解離性障害」を起こしていました。

「過呼吸」は息を何回も激しく吸ったり吐いたりする状態です。パニック障害や極度の不安などで過呼吸になると呼吸ができず、息苦しさを感じます。

また、「解離性障害」とは「自分が自分である」という感覚が失われている状態です。冒頭の「自宅の2階から飛び降りて右足を粉砕骨折」も、解離性障害でパニックを起こしたためです。あすかさんの場合は、日々の出来事の記憶がすっぽり抜け落ち、その間に自傷行為を行うことが多かったとのことです。

「解離性障害の症状は、つらい体験を自分から切り離そうとするために起こる一種の防衛反応と考えられています。治療では安心できる環境にすること、家族や周囲の人が病気について理解することがとても大切です」(宮尾医師)

父親の福徳さん(67)は当初、あすかさんの解離性障害は治ると思っていたとのことです。

「宮崎大学の教育文化学部に合格した時は、現役で合格したので本当に喜びました。ところが、大学入学後、すぐに入院することになったのです。

リストカット、夜中の徘徊、またホッチキスの芯の塊や洗剤を飲み込む。本人は覚えていないんですよ。診断名は解離性障害ということで、すぐに入院して原因を調べた方がいいとのことでした。

その時は発達障害とは医療関係者も誰も気づかず、私たちも解離性障害は治療さえすれば治るものだと思い込んでいました」

あすかさんの解離性障害の原因は「小さい頃から毎日練習してきたピアノが原因で、それがストレスになっているのではないか」という精神科医の話でした。そのため、医者からは「ピアノを弾かせないように」ということを言われてしまい、あすかさんはさらにストレスが増していきます。

当時、発達障害について診断できるスペシャリストの精神科医は少なかったのです。そのため、的外れな原因で患者や家族が苦しむことになった一つの事例といえるでしょう。

「あこがれていた大学に通い始めましたが、度々、過呼吸発作を起こすようになりました。そのため、病院の精神科に入れられてしまいました。とても辛かったです。大好きなピアノを病院の先生に取り上げられて、鍵をかけられたピアノの前で毎日、泣いていました」(あすかさん)

◆「変な子」扱いされ続けたことで二次障害が

父親は、小さい頃からのことを次のように話してくれました。

「あすかは小さいときから真面目な性格で、言われた通りに何でもするっていうところがありました。でも、それは別に欠点として思っていたわけではなくて、むしろ長所だと思っていたのです。

本人が『人が自然にできることが自分にはできない』っていうストレスがどんどん溜まっていって、発達障害の二次障害が出始めたのだと思います。しかし、当時は解離性障害って言われていたのです。発達障害だということも知らなくて苦労しましたね」

解離性障害は、発達障害の「二次障害」として発症することがあるといいます。二次障害が起こるのは、小さい頃から「ダメ!」と強く叱られたり、周りから「変な子」などとの扱いを受けてきているケースが多いのです。

「そして思春期を迎えるころになると、勉強についていけなくなったり、スポーツが苦手だったりして、成功体験を積み重ねることができず、自信を失い、自己肯定感が低くなってしまうことがあります。

こうしたことが引き金となって起こる、情緒不安定、反抗的な態度や行動、不適応などの状態を『二次障害』と言います。

二次障害を防ぐには、身近にいる親や先生などによる支援が欠かせません。いつもと様子が違うと感じたら、その人の話にじっくりと耳を傾けてあげることです」(宮尾医師)

◆発達障害と診断されて、本人は「ほっとした」

留学先のウィーンの病院で発達障害と診断された時、あすかさんとご両親の気持ちは正反対だったといいます。

「私はほっとしたけれど、家族が沈んでいたので、ほっとしたことをバレないようにしました。みんなよりできないことがあるのは自分ではわかっていたから、お父さんとお母さんに心配かけないように、毎日一生懸命笑って。知らないところで一生懸命努力していたけれど、できなくて。

だから障害があるって言われて、私の努力が足りなかったからみんなに追いつけなかったわけじゃないってわかって、とてもほっとしました」(あすかさん)

安堵を感じたというあすかさんとは逆に、ご両親は落胆したとのことです。

「私たち夫婦はどん底に落とされたような気がしました。『生まれつきの脳障害』であるということで治らない、一生抱えていかなければならないので、当時はどうしていいのかわからなかったのです。この子が1人になった時にどうやって生きていくんだろうかとか。私たちがやらなきゃいけない事は何なのかって思い、やはり落ち込みました」(恭子さん)

親子の強い絆で数々の困難を克服してきたあすかさん親子。あすかさんは2015年にはCD付き書籍『発達障害のピアニストからの手紙』を、昨年には『心がホッとするCDブック』(いずれもアスコム刊)を出版。これまでの思いを綴っています。

そして2018年3月21日からは全国のツアーもスタートします。是非、その魂の旋律に耳を傾けてみてください。

―知られざる「女性の発達障害」 vol.5―

<TEXT/ジャーナリスト・草薙厚子>


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス