最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

平井堅、恒例のクリスマスライブを横浜アリーナで開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


平井堅が12月23日、24日の2日間にわたり、クリスマス・シーズン恒例の「Ken's Bar 2017 X'mas Special !!」を神奈川・横浜アリーナで開催した。両日ともチケットは発売と同時にソールドアウトとなり、計24000人の観客が平井堅の美声に酔いしれた。

会場をバーに見立て、お酒やソフトドリンクとともに店主である平井の歌を楽しんでもらうというコンセプトを持った「Ken’s Bar」。これだけでも通常のライブとはスタイルが異なっているわけだが、すべての楽曲をアコースティック編成で、さらにはオリジナル曲だけでなく洋楽、邦楽のカバーも披露するという点もスペシャルな要素だ。特に、何が歌われるのかが予想困難なカバーの選曲は毎回話題を集めるのだが、今回は2017年を代表する楽曲、オースティン・マホーンの「Dirty Work」で「Ken’s Bar」は開店。これは2015年の発売曲だが、日本では今年、ブルゾンちえみが自身取り入れながら歌ったものだからいきなり大ウケ。しかし笑いに包まれた会場は直後、クリスマスと遠距離恋愛を重ね合わせた槇原敬之の「Red Nose Reindeer」で一転し、ロマンティックなムードとなった。



会場をぎっしり埋め尽くした観客を見渡した平井堅は満面の笑みを浮かべ、「『Ken’s Bar』へようこそ!」と挨拶。2日目の公演は12月24日だったこともあり、「今宵、一年で一番ロマンティックなクリスマスイブ。最高の夜にしようぜ、横浜BOYS&GIRLS!」といって観客を煽ると、2000年に発表した自身3枚目のアルバム『THE CHANGING SAME』収録の「the flower is you」を披露し、ステージを下りた。

フロアの中心に設置された小さなサブステージへ“みんなのリクエストが聞きたい”と歌いながら移動し始めたのである。これは、最近のライブでは完全に定番化した「リクエストコーナー」の始まりを告げるオリジナルのジングルで、選ばれた観客が自分の歌ってほしい平井の楽曲を自由にリクエストできることに加え、その際に本人としばしトークを楽しむことができることもあり、いうまでもなく大人気企画のコーナー。初日の23日は「アイシテル」と「hug」、2日目の24日は「美しい人」と「いとしき日々よ」がリクエストされた。

そして「リクエストコーナー」が終了すると、「ホワイト・クリスマス」を大胆にアレンジした石成正人によるギターとともに平井は再びメインステージへ。「魔法って言っていいかな?」「センチメンタル」「哀歌(エレジー)」と、自身の代表曲を立て続けに披露し、二部構成の「Ken’s Bar」1st STAGEが終了となった。

インターミッションを挟み、2nd STAGEは平井が今年3月に発表した『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』の主題歌「僕の心をつくってよ」で始めると、続くは、今年9月に引退宣言をしたことで日本中が大騒ぎした安室奈美恵の2005年のヒット曲「WANT ME, WANT ME」。ライブのオープニングを飾ったオースティン・マホーンといい、2017年を意識した選曲が今回の「Ken’s Bar」ではされたということなのかもしれない。一方、続く中島みゆきの「タクシードライバー」は1979年発表のアルバム『親愛なる者へ』収録曲であり、先に歌われた槇原敬之の「Red Nose Reiner」は1993年発表作で、こちらはどのオリジナル・アルバムにも収録されていないシングルのカップリング・ナンバーだ。つまり、平井堅によるカバーを通じ、優れたアーティストの古い、隠れた名曲を楽しむことができるのも「Ken’s Bar」の魅力のひとつということである。

さらにはアコースティック編成であるからして、CDで発表されたものとは異なるアレンジで楽曲を楽しむことができるのもこのコンセプト・ライブの特徴だ。ウッドベースのみをバックに始まった「ソレデモシタイ」は、途中でアコースティック・ギターのみ、さらにはパーカッションのみと目まぐるしく、スリリングに展開し、最終的にはそれらすべてで演奏されるというアレンジは「Ken’s Bar」ならではのもの。そして、「キミはトモダチ」「Strawberry Sex」「POP STAR」と、ライブの定番ともいえるシングル・ヒット曲を畳み掛けるように披露し、本編は終了となった。



アンコール。照明が落とされた薄暗い状態のまま平井が現れたのだが、メインステージでなく、客席エリアのフロアを歩いてサブステージに向かって行ったので場内は大騒ぎとなった。そして照明がサブステージを照らすと、そこに浮かび上がったのは黒いスーツと白いシャツ姿で右手に花束を持った平井。今年、ライブではもちろんのこと、数多く出演したテレビの音楽番組などでもお馴染みのスタイルである。そう、「ノンフィクション」。今年6月に発表されたこの最新シングル曲を披露するときはいつもこのスタイルなのだ。死と向き合うことで生まれた「ノンフィクション」は非常にヘビーな作品ではあるが、生の尊さを力強く歌い上げるボーカルが圧巻の1曲で、現在もロングセールスを記録している平井の新たな代表曲でもあり、6年ぶりの出場となる第68回NHK紅白歌合戦でも歌唱することが決定している。



その後、再びフロアを歩いてメインステージに戻れば、いつの間にか用意されていたグランドピアノ。その椅子に座って平井は「気の早い話ですが」と前置きし、2018年の抱負をこう語った。「再来年(2019年)になったとき、悪いこともつらいことも嬉しいこともあったけど、すべてに意味があったなと振り返って思える一年、どんなことも自分の糧にして日々、一歩一歩、歩んでいける一年になったらといいな思います」。そう語るとピアノに向かい、「Ken’s Bar」のテーマソングともいうべき「even if」を弾き語り、「Ken's Bar 2017 X'mas Special !!」は閉店となった。そしてステージから去る直前、マイクを通さずに地声で「今年もどうもありがとうございました!」と平井は力強く叫んだ。魂の叫びのような2017年締め括りの挨拶だった。



なお、12月24日の公演はWOWOWにて全曲ノーカットで放映されることが決定。オンエアは2018年2月12日なので乞うご期待。

Photo by 古渓一道

外部リンク(Entame Plex)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス