最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

板野友美ら“愛人の原石”との結末は?衝撃展開…“不倫論”で名言飛び出す<フリンジマン最終話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリンジマン/モデルプレス=12月24日】お笑いタレントの板尾創路が主演を務めるテレビ東京系土曜ドラマ24『フリンジマン ~愛人の作り方教えます~』(毎週土曜深夜0時20分~)の最終話が23日、放送された。アーティストの板野友美演じる清楚系お嬢様・久利栖ら“愛人の原石”との行方、板尾演じる通称「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」の井伏真澄の言葉に反響が寄せられている。<※以下、ネタバレあり>

◆テーマは「愛人作り」



原作は「ヤングマガジン」で連載し、数々の話題になった同名漫画『フリンジマン』。“笑いあり、エロあり、ドキドキすること間違いなし”の前代未聞の「愛人の作り方」How Toドラマとなっている。

最高同時愛人数11人を持つ井伏(板尾創路)が、自分の愛人作りの術を冴えない男達にイチからレクチャー。井伏のミッションを愛人同盟のメンバー、田斉治(大東駿介)・満島由紀夫(淵上泰史)・坂田安吾(森田甘路)が遂行していく。

これまでに、“愛人の原石”として筧美和子、壇蜜、岸明日香、佐津川愛美、安達祐実、小倉優香、板野、MEGUMIら豪華出演者が登場した。

◆最終話あらすじ ※ネタバレあり



料理教室で出会った久利栖(板野友美)とキスをし、ホテルに行くことも成功した田斉。しかし、久利栖は井伏に敵対心を抱く“バズ・コック(毒針料理人)”雷人(東幹久)の愛人で、井伏の周りの人間を貶めるためのハニートラップだったことを知ってショックを受ける。

そこまでして雷人が井伏を目の敵にする理由は、井伏に実の母親が抱かれたからだと発覚。復讐を目論みる雷人に、井伏は「不倫とは家族、仕事、金、名誉などすべてを失う可能性がある危険で許されざる行為です」と自分だけではなく、家族や相手の人生を狂わすこともあるリスクを語り始め、「責任と覚悟を持つものだけが不倫をする資格がある。不倫をする資格がないものは不倫をしてはいけない」と熱弁した。

雷人はこの言葉を受けて改心。田斉たちも、「不倫は(自分たちに)向いていない。でも教授に認められたい。だから男を磨く」と愛人作りではなく、新たな目標に向かって進み出した。一方で井伏は、愛人作りに精を入れすぎたばかりに、左遷され田舎町へ。そこでも変わらずに“愛人の原石”探しをしていた…。

◆“愛人作り同盟”撤退、左遷…衝撃の展開に反響



衝撃の展開を迎えた“愛人作り”に、放送終了後ネット上では「結局3人誰も愛人作り成功してないw」「3人とも出来心が過ぎちゃったけど、ちゃんと違う目標が見つかって良かった」「左遷(笑)それでも愛人作りやめない姿勢はむしろ尊敬する」「最後まで笑える展開で最高だった!放送終わっちゃうの寂しい」「人生の勉強になった。これは続編希望」などと反響。

また、井伏が熱弁した“不倫論”にも「説得力ありすぎ…井伏は常に危険と隣り合わせなんだな」「思わぬ名言飛び出したな」「胸に刺さった…リスク怖すぎて不倫なんて出来ない」「不倫への信念貫きすぎてる…清々しい」「いろいろと考えさせられるドラマだ」と話題になっている。(modelpress編集部)

情報:テレビ東京

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス