レコ大候補にAKB48 乃木坂46 欅坂46揃う、桜井玲香「ライバルと言うより嬉しい」

dwango.jp news

2017/12/21 07:20

今年の音楽シーンを総決算する「第59回日本レコード大賞」(TBS)の各賞受賞者の記者会見がTBSで行われ、大賞候補となる「優秀作品賞」のAKB48渡辺麻友、横山由依、松井珠理奈(SKE48)・乃木坂46桜井玲香、白石麻衣、齋藤飛鳥・欅坂46菅井友香、小林由依、鈴本美愉・AAA浦田直也・三浦大知、「新人賞」のつばきファクトリー小片リサ、岸本ゆめの、浅倉樹々、谷本安美、秋山眞緒・中澤卓也・NOBU ・UNIONE ISSY、SAM、YUTA、JIN、YUUKI、「企画賞」受賞のThe KanLeKeeZ高見沢俊彦、坂崎幸之助、桜井賢・三浦祐太朗、「特別賞」の荻野目洋子、「日本作曲家協会選奨」杜このみが登壇した。
IMG_1343
なかでも秋元康氏プロデュースのAKB48、乃木坂46、欅坂46の3組が「レコード大賞」候補として揃ったことに関してAKB48横山は「年末、賞レースと言われるような歌番組はいくつかあると思うんですけど、対決となるのがこのレコード大賞と思っています。あらためてこの3組が揃ってこのステージに立たせていただくということで、秋元先生の楽曲の素晴らしさを再確認しました。レコード大賞のステージは、出演される皆様がライバルだと思います。私たちはAKB48らしく大賞を目指していきたいと思います」と決意を語ると、乃木坂46桜井は「私たちの結成当時はAKB48さんを目標にして出来たグループですし、結成当時はまさか先輩方であるAKB48さんと一緒にこうしてこの場所に立てるとは夢にも思ってなかったです。さらに妹たち(欅坂46)までこの経験を共有出来るということは、本当に奇跡だと思うので、ライバルと言うよりも”うれしい”という気持ちが強いです。でも乃木坂46としては頑張ってきたいと思うので、そこは一丸となって上を目指して行きたいなと思います」と噛みしめるように語り、欅坂46菅井は「今あらためてAKB48さん、乃木坂46さんという憧れの大先輩とここに立たせていただいていることに感謝しております。桜井先輩が仰ってくださったように、奇跡だと思っています。私たちもこれから先輩方のように素敵なアイドルになれるように、気を引き締めて頑張ってまいりたいと思います」と緊張気味に語った。
今年いっぱいでAKB48を卒業する渡辺麻友は「私自身、最後のレコード大賞の場で後輩たちの乃木坂46や欅坂46のみなさんが揃ったということで、いい刺激になるというか、本番当日もそれぞれのグループが最高のパフォーマンスをお見せできるように、AKB48も頑張っていきたいです」と意気込みを語った。
第59回日本レコード大賞は、12月30日(土)、よる5時30分から新国立劇場より生放送される。このほど司会が発表され、昨年に引き続き、安住紳一郎(TBSアナウンサー)と天海祐希(2年連続2回目)が務めることが決定した。
ⓒTBS

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ