文系女子に対する男性の本音~恋が盛り上がりやすい!

カナウ

2018/9/12 12:50


文系女子に対する男性の本音~恋が盛り上がりやすい!

文系女子に対する男性の本音……知りたいですよね。
文系・理系と分けたとき、男性は文系女子のどこに魅力を感じ、どこに欠点を感じるのでしょうか。
自分は文学少女だったという人や、文学部などで学んだ経験をもつ人は、注目です!

文系女子との恋愛は盛り上がりやすい!



単に文系といっても専攻により大きく変わってきますが、
男女関係において、文系女子の恋愛は盛り上がりやすいといえます。
ちょっとした雑学、言葉のニュアンスを読み取る力、英語に強ければクイズ番組を一緒に観ていても楽しいですし、歴女であれば男性とも話が合いやすいかもしれませんね。
また、性別に関係なく、文系の人はあいまいさをうまく受け入れ、あいまいなままであってもうまく解釈することが上手な傾向があります。
小説を好み、行間を読むことに長けている女性は、男性の言葉少ないLINEのメッセージを的確に読めるとか、的確でないまでも気持ちを積極的にくみとろうとする傾向があるでしょう。
あるいは、ちょっとした発言にも情緒があり、ドキッとさせられるなど、恋が盛り上がる要素は多いと思います。

数字に弱いのは欠点



将来を考えるにあたり、男性が女性に密かに求めている能力は、数字に強いかどうかです。
結婚して専業主婦になるにしても共働きになるにしても、生活するにあたっては数字に強いほうがなにかと信用でき、数字に弱いと経済的な面で損をするかもしれませんよね。
ただ、日常生活においては難しい数学知識を必要とする機会がないため、文系女子が数字に弱くても、とくに問題を感じないのが正直なところです。
数字に弱くても、電卓で簡単に計算できますので、文系で数字に極端に弱くても、嫌いになるほどの欠点とは言えないかもしれませんね。

言葉に強い文系女子も恋愛においては欠点になることが



一般的に言葉に強いとされる文系女子ですが、その強さが逆に欠点になることもあります。
言葉の力を使えば、彼との関係をより深めることもできますし、愛を燃え上がらせることもできます。
男性が求めている言葉をかけてくれる文系女性なら、男性に愛される彼女になりそうですよね。
ただ、文系女子は言葉に長けているぶん、彼氏のささいな発言を過剰に受け取ったり、言葉の深読みが原因で関係をこじらせたりするかもかもしれません。
長所と短所は表裏一体なので、文系の長けている部分は魅力であり欠点にもなることを理解しておきましょう。

まとめ



文系女子は、理系女子に比べると、人の気持ちを細かく汲みとることができるのかもしれません。
それは恋愛をする上でのメリット。
でも、それだけで恋を進められるわけではありません。
文系女子の特徴は「魅力の一つ」としてとらえるとうまくいく可能性が高いでしょう。
なかでも気をつけるべきなのは、言葉に過敏になりすぎないこと。
とくに、体育会系男性や理系男性は、深い意味もなくそっけない言い方をする場合があります。
ついつい深読みしてしまいがちですが、自分の繊細な感性だけで彼氏の言動をとらえないように心がけると、ずっと仲のよい関係が続けられますよ。
(瀬戸 樹/ライター)


公開日:2017年12月20日
更新日:2018年9月12日



あなたにおすすめ