「キッス」ジーン・シモンズ、セクハラ告発に「俺はやってない!」

人気ロックバンド「キッス」のジーン・シモンズ(68)にセクハラ行為を受けたとして、‟ある女性”が匿名で裁判を起こした。女性は先月、インタビューするためジーン本人に対面したものの、彼から思いもよらぬ行為を受けたとして訴訟に踏み切ったが、このことにジーンの言い分は?

先日、ある女性が匿名にてジーン・シモンズを提訴。その中で自身について「長い間、地元のロック放送局のパーソナリティをしている」と職業を明かしたうえで、このように主張した。

「(先月、彼が設立者のひとりであるレストランで)彼をインタビュー中に、望んでもいない性的なアプローチをされました。」

女性によると、ジーンは女性の手を繰り返しつかみ「無理やりジーンの膝に置かせた」とのこと。またインタビューの内容を性的なものにすり替えようとしたり、写真撮影の際にはお尻を触られたという。「それら性的暴行、性差別などでひどい精神的苦痛を受けた」として賠償金を求めている。

しかしこれを受け、ジーンは完全に相手の主張を否定。インスタグラムを更新し、このようなメッセージをアップした。

「マスコミ報道であれこれ読んだかもしれないが、その件について俺は自分を守っていくつもりだ。」

「このような主張をしている人物を、俺は襲ったりしていない。害になるようなことはまったくしていないんだ。」

そして「無実であることを証明するのを楽しみにしている」と自信たっぷりに締めており、今後はどのように弁護団を動かせるのか、そしてどのように無実を証明するのかに注目が集まっている。

画像は『Gene Simmons 2017年4月4日付Instagram「GENE & HIS BAND LIVE! Wizard World Comic Con Presents Gene Simmons Live at The Park West in Chicago on Saturday, August 26th.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ