最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

3回めの結婚で初めてウェディング・パーティーを開いたマサ斎藤――フミ斎藤のプロレス読本#157[新日本プロレス199X編02]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


199X年

招待状には「この人と結婚しました! 御報告パーティー」と記されていた。マサ斎藤が黒のタキシードで、倫子(みちこ)さんが純白のウェディングドレス。ロケーションは土曜の昼下がりの庭園風レストランで、小道具はシャンパンとカナッペとたくさんのお友だち。

53歳のマサさんは、3回めの結婚で初めて披露宴らしきものを開いた。

ほろ酔い気分の長州力が上機嫌でそこらじゅうをのしのし歩きまわっていた。人びとの会話の輪からちょっと離れたところにアントニオ猪木がポツンと立っていた。

倫子さんの仕事仲間で、UFO番組で有名なTVプロデューサーの矢追純一さんがシャンパングラスを片手にカマンベール・チーズをつまんだりしていた。

ちゃんとドレスアップした佐々木健介と北斗晶のプロレスラー・カップルが、八方美人を決め込んで人と人の波のなかをすいすい泳いでいく。

べろんべろんに酔っぱらったタイガー服部レフェリーが、明治大学OB“三六会(さぶろくかい)”のメンバーを中庭に集合させた。“さぶろく”とはマサさんが明大に入学した昭和36年を指す。

かつての同級生たち、体育会の仲間たちがずらりと顔をそろえると、やっぱりマサさんと坂口征二・新日本プロレス社長がいちばん若い。

“三六会”はおごそかに明大の校歌を歌い、それから「ふれー、ふれー、サイトー、ふれー、ふれー、ミチコ!」を合唱した。

服部は、マサさんが4年生のときに新入生としてレスリング部に入ってきた後輩。だから、体育会的メンタリティーのなかではふたりの上下関係は一生つづく。

服部といっしょに壇上でマイクを持った長州は、その昔、マサさんからさずかった「女の子とケンカをしたら、なにもいわずに花を贈れ」というアドバイスをそのまま新郎に返した。

大学はちがっても――長州は専修大学出身――体育会系のこんこんちきとしては、長州もまたマサさんの後輩ということになる。

それほど派手ではないウェディングケーキが正面のテーブルに運ばれてくると、マサさんと倫子さんはちょっと恥ずかしそうにケーキのまんなかにナイフを入れた。誓いのキッスは、ほんの“チュッ”だった。

マサさんは20年のアメリカ生活で2度の結婚を体験した。初めのメアリッジはサンフランシスコ時代で、お相手は年上の日本人女性だった。ツアー生活が忙しくなってアメリカじゅうを飛びまわるようになると、家庭生活らしきものはどこかへいってしまった。

それから10年くらい“彼女いない歴”がつづいた。フロリダ時代、WWE時代はたくさんのガールフレンドをつくった。30代は“セックス・ドラッグ・ロックンロール”のカルチャーを走りつづけた。

ふたりめのカミさんは、AWA時代にミネアポリスで出逢ったアメリカ人女性。警官との乱闘事件で1年半の刑務所暮らしを送るはめになったときは、毎週土曜と日曜に日本食のお弁当をこしらえて面会に来てくれるような献身的なレディーだったけれど、けっきょくうまくいかなくなった。フィーリングを失ってしまったら、もうどうにもならない。

シングル・アゲインになったマサさんは、知り合いの知り合いから倫子さんを紹介された。

「セックス・ドラッグ・ロックンロール! イェーイ!」

マサさんがマイクをつかんで叫んだ。もちろん、ハードロックをガンガンかけながらドラッグをキメて、セックスをおっぱじめようというわけではない。それはきっと「オレたちはいまが青春なんですよ」というアテテュード(姿勢、心がまえ)を表現したフレーズなのだろう。

いつまでも少年みたいにしていたいマサさんは、何度結婚しても子どもをつくらなかった。

倫子さんは、バイリンギャルのはしりみたいなキャリア・ウーマン。マサさんはジャパニースとアメリカンのあいだを行ったり来たりして、ようやくちょうどいいバランスのパートナーをみつけた。

日本語じゃないとうまくコミュニケートできないことがらもたくさんあるし、英語にしたほうが伝えやすいフィーリングというのもやっぱりある。

倫子さんとケンカをするたびに、これからもマサさんはなにもいわず大きなフラワー・バスケットと“ごめんねカード”をプレゼントしつづけるのである。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス