武田梨奈「やっぱりアクションが好きだ」 高橋伸稔監督が撮ったPVに期待高まる

武田梨奈が12月15日、SNSで「やっぱりアクションが好きだ。アクション映画やりたい」と高橋伸稔監督によるアクションPVを一部公開している。高橋監督と言えば国際的アクションスター倉田保昭に師事、倉田アクションクラブに所属して海外の作品でスタントマンを務めた。その経験に裏付けされた筋金入りのアクション監督だ。

琉球少林流空手道月心会有段者の武田梨奈は、映画『ハイキック・ガール!』(2009年公開)のオーディションを受けて主演に決定、2014年2月よりオンエアされたセゾンカードのCMで「頭突きで瓦を割る美女は誰だ?」と注目された。その後はアクションのみならず連続ドラマ『ワカコ酒』シリーズや映画『ドクムシ』『海すずめ』などで主演して女優としての評価も高い。

ただ、アクションへの情熱は燃え続けており「お休みの日なのにも関わらず、アクション部の先輩達が集まってくれて、本当に感謝しかないです」というように、応援してくれる人が多いのもそれ故だろう。

一部だけ公開されたそのアクションシーンに、シュートボクシングの元SB世界ウェルター級王者・土井広之から「キレッキレでビビった!」、日本の映画史・時代劇研究家として知られる春日太一氏は「おおっ、殺陣も!! これは完全版を見たくなる。しかも大画面で」とコメントしている。

ほかにも「今までのアクションだけでなく、新しい動きも体得されていますね。進化するアクション女優・武田梨奈に、ホット一安心」「これ、ジャッキーと共演できるんじゃないですか? ジャッキー 日本の時代劇撮りたいらしいですから ぜひ山形の庄内オープンセットで撮りましょう!」などの反響もあった。完成したPVの公開と彼女のさらなる活躍に期待が高まる。



画像は『Rina Takeda 2017年12月15日付Instagram「Do you want to see more? Coming soon...」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ