最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『ジュノンガールズ』4代目グランプリは和歌山出身の12歳美少女 授賞式で思わず涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(©ニュースサイトしらべぇ)

16日に行われた美少女コンテスト『第4回JUNON プロデュース ガールズコンテスト』の最終選考会で、12歳の小学六年生、岸畑来瞳(きしはた くるみ)が、グランプリを受賞した。

■1万2100人の頂点に立つ


(©ニュースサイトしらべぇ)

このコンテストは、2012年から始まり今回で4回目。今年の応募総数は、1万2100人と発表された。

グランプリに選ばれると、賞金100万円に加え、映画、ドラマ、JUNON、番組のレギュラー、CMや広告、ファッションショーに出演する権利が特典として用意されるという。

■グランプリに選ばれ思わず涙


(岸畑来瞳)

グランプリに選ばれた瞬間、来瞳は涙をこらえきれなかった。この時、彼女の心には「家族の姿が浮かんだ」とのこと。

今の気持ちを問われると「本当に嬉しい。今まで支えてくれた家族のおかげ。感謝いっぱい」と、涙ながらに答えた。

来瞳が芸能界に憧れを覚えたのは小学4年生から。TVや雑誌、ファッションショーで活躍する芸能人になりたいと思って努力してきたそう。

鏡の前でポージングや表情を作る練習を欠かさず、コンテストの日が近づくと大好きな揚げ物も食べすぎないように控えて我慢。

今日は好きなものをたくさん食べてくださいと記者陣から声がかかると、満面の笑みで頷いた。

■ジュノンガールズへの挑戦は内緒


「今回のオーディションのことは、友達には誰にも言ってません」と語る来瞳。休みがちになる関係で担任の先生には伝えたが、他には誰にも伝えていなかったという。

担任からは「緊張すると思うけど頑張って」と応援の言葉を貰ったようだ。

グランプリを貰った今も誰かに伝えて回る発想はないらしいが、「仲良くしてくれる子がいます。あの子には言いたいかも」と、照れくさそうな笑顔を見せる。

■モデルや女優としての活躍を目指す


(©ニュースサイトしらべぇ)

「キラキラと輝くモデルさんや女優さんになりたい」と、これからの展望について語る来瞳。共演してみたい女優としては、広瀬すずの名を挙げた。

(写真左から、黒羽麻璃央、武田玲奈、岸畑来瞳、舟山久美子)

審査を務めた黒羽麻璃央(24)から「早く一緒の仕事がしてみたい。妹役かな」との声。続けて黒羽が来瞳に賞金の100万円の使い道を聞くと「貯金」と答える場面もあり笑いを誘った。

今後は地元和歌山を離れて東京で暮らすことになるそう。来瞳自身は「仕事がいっぱい増えるのが嬉しい」とやる気満々の様子。素朴なまっすぐさを活かして、どんどん活躍する未来に期待したい。

・合わせて読みたい→橋本環奈の「天使すぎる茶髪」に大反響 「ヘアゴムになりたい」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス