「ぶにゅポーズ×赤リップ」がSNS映え最強! 『WEAR』でモデルも実践

SNSに写真を投稿するなら、いわゆる「SNS映え」する画像を載せたいところ。そのためにアプリを活用したり、アングルを研究したり…といろいろなテクニックを駆使している人もいるだろう。そこでSNSにオススメのオンナ度をグッと上げるポーズとメイクを紹介したい。このポーズとメイクは簡単なのにSNS映えするため、日本最大級のファッションコーディネートサイト『WEAR(ウェア)』でモデルも実践しているのだ。

注目のポーズとメイクを実践しているモデルたち。まずは「おはガール」として活躍し、雑誌『Popteen』の専属モデルを2017年12月1日発売の1月号で卒業したばかりの前田希美だ。彼女が『WEAR』(http://wear.jp/maedanozomi/)で12月14日に投稿しているのが、トレンドの「ぶにゅポーズ×赤リップ」である。前田は「今日はインテグレートの赤リップが、コーデの主役。赤リップの映える“ぶにゅポーズ”が可愛くてお気に入り。」とコメントを添えている。

このSNSで流行中のポーズ「ぶにゅポーズ」は、親指&人差し指でほっぺを挟むという簡単な仕草なのに、口元のかわいさをアピールでき、ガーリーな甘え感も演出できてSNS映えも抜群。今年のトレンドのリップカラーは「赤」なので、「ぶにゅポーズ×赤リップ」はまさにトレンドの最強にSNS映えできる組み合わせと言えそうだ。

他にも雑誌『JJ』のオーディションでグランプリを受賞したことをきっかけに、モデルとして雑誌、広告、CM、テレビと幅広く活動している平木愛美も、『WEAR』(http://wear.jp/manaminhiraki/)で「ぶにゅポーズ×赤リップ」を披露している。彼女は12月13日と14日と2枚の写真を投稿し、「皆もぶにゅポーズしてみてねん。」と勧めている。

もうすぐやってくるクリスマスや年末年始には、パーティーや女子会などSNSに投稿したくなるイベントが多い。トレンドで手軽、SNS映えする「ぶにゅポーズ×赤リップ」でオンナ度をアップさせてみてはいかがか。ちなみに『WEAR』では気に入ったアイテムはそのまま購入もできるので、前田希美や平木愛美が使用したリップを真似して使ってみるのもいいだろう。

(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

あなたにおすすめ