『ドクターX』は駄作? 大門未知子が大嫌い? 否定派100人に「どこがつまらないか」を大調査


 2012年から5回にわたりシリーズ化されてきたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)。フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)が、「私、失敗しないので」という名ゼリフのもと、数々の重症患者の命を救い、医療界にはびこる金と欲、そして権力争いにも鋭くメスを入れるという痛快ストーリーだ。第1期から、平均視聴率19.1 %(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得し、第2期からはほぼ毎話20%を優に超える視聴率を叩き出す、大人気シリーズに。そして今年の10月、満を持してのスタートとなった第5期も20%超を連発している状況だ。

まさに“国民的ドラマ”といっても過言ではない『ドクターX』だが、一方で「どこが面白いのかわからない」「どんどん面白くなくなっている」と語る者も存在している。そこで今回は、『ドクターX』に否定派の人々100人を対象に、どういった点がつまらないのかを調査し、その結果をまとめた。(■調査地域:全国■調査対象:年齢不問・男女■調査期間:2017年11月07日~2017年11月21日■有効回答数:100サンプル)

■どんなに波乱な展開でも結果が同じじゃつまらない
 シリーズものには避けて通れないマンネリ感。やはり同作でも多くの人がワンパターン化に飽きを感じ始めていた模様。展開が読めてしまうのは、やはり面白みに欠けるのかもしれない。

・反ヒロイン派の医師など登場人物の役割の構図がいつも同じで、話の流れがワンパターン化して結末が読める(40代女性/正社員)
・ストーリーの展開が毎シリーズワンパターンでマンネリ化した。大門先生が本当に失敗するなど、新しい展開があると良いかも(30代女性/無職)
・毎回ワンパターンな展開がいい加減飽きてしまいます。院内のドロドロもつまらないと思います。もう少し人間ドラマが見たいです(40代女性/専業主婦)
・お決まりのパターンになっているから。プロットが面白ければ見るかもしれないが、手術をテキパキやって失敗しないという単純な設定に興味を覚えない(40代男性/専業主夫)
・そもそも医療系のドラマは、やりつくされているので新鮮味がない。パターンが似ている(20代男性/学生)
・いつもいつもワンパターンなので、いいかげん飽きてきました。「私、失敗しないので」のセリフも聞き飽きました(50代男性/正社員)
・毎回お決まりのパターンで飽きてしまいました。医療の描写においても、現実味がないのでつまらないです(40代男性/個人事業主)
・毎回決まったストーリー展開であること。一方では、それが醍醐味と感じる人もいるのでしょうが(20代女性/学生)
・性格の悪い外科医がなんか毎回同じ感じ。同じ病院だからしょうがないけど(20代女性/無職)
・医療ドラマのはずなのにズレたところで話を展開しているし、ネタも使い回しで既視感があってマンネリ(20代女性/学生)
・今まではとても面白いと思っていました。が、続編はやらないと言いつつやるなど、有り難みがなくなった。そして、単純にもう飽きた(20代女性/パート・アルバイト)
・シリーズを通じて見ていますが、失敗しないことが前提で手術をやっているのでリアリティがない。『水戸黄門』みたいに似たストーリーの繰り返しになっている(40代男性/個人事業主)

“どんな手術も失敗しない凄腕で、権力にも屈せずポリシーを貫く一匹狼の美人外科医、大門未知子”というあまりに現実離れした完璧なキャラクターに、共感を得られないとする声も。

・主人公に謙虚さを感じない点です。医師も患者も同じ人間であり、命を扱っているのですから、あまり見ていて良い気持ちはしません。自信満々の医師ほど胡散臭く感じてしまいます(30代女性/個人事業主)
・あんなに美しい女性が、あれほどの神がかり的な手術を失敗なくこなせるなんてリアリティが全然ないので、しらけた目で見てしまう(50代男性/正社員)
・過去話を全て見たわけではないが、失敗したことがないというのは人間味がなさすぎる。ブラックジャックでさえ、何回か失敗しているのだから(40代男性/個人事業主)
・主人公がミニスカで「私、失敗しないので」と言うところがすでに現実離れしています(40代女性/パート・アルバイト)
・周りの医者が役立たずで、大門未知子のみがうますぎる点(30代女性/無職)
・大門未知子というキャラが見ていてツラくなってきた&飽きてきた。1シリーズで十分だったなぁ。天才の腕を持って、偉そうすぎて孤高、弱い人間の私としては現実味がなくて共感できない。『相棒』の方が、人当りが柔らかいキャラだから長く見ていられた(30代女性/正社員)
・大門未知子の、おばさんなのにとんがって偉そうなキャラクターがあまり好きになれない(20代女性/学生)
・あまりにも非現実的すぎる。大門未知子の自分勝手で協調性のないところがいいと言う人は多いが、自分は大嫌いだ。見ていてイライラする。腕が良ければ何でもありなのか? と思う(30代女性/無職)
・現実的ではない。1人の人間が活躍するのはアメリカ映画だけで十分(40代男性/正社員)
・「私、失敗しないので」というセリフを多用しているのが、なんか不快。主役だけでなく、ほかの役をフィーチャーした話をたくさん増やしても面白いかもしれません(30代女性/専業主婦)
・とにかく、大門未知子が偉そうでしかなくて鼻につく。手術が必ず成功することはわかっているから、つまらないと思った。岸部一徳との関係もよくわからないし、メロンも意味がわからない(30代女性/パート・アルバイト)

■米倉涼子は医師に向かない!? 
 大門未知子のイメージがすっかり定着した米倉涼子。ただ、医師という役柄と米倉のキャラクターに温度差を感じている人も。

・オペのシーンの米倉涼子さんの目を見開いた顔が怖いです。あと、あまり彼女に知性を感じないので、医者役ってどうなのかなと思っています(40代女性/専業主婦)
・米倉涼子にそもそも興味がない。医療系ドラマで女が主人公になっているのがつまらない。どうせならイケメンが見たい(40代女性/専業主婦)
・結局、米倉涼子のキャラが前面に出てしまい、毎回ストーリーは違っているのに同じように感じて面白くない(40代女性/専業主婦)
・米倉涼子さんの演技が好きになれないので、彼女のドラマは基本的に見ません(30代女性/パート・アルバイト)
・米倉涼子さんにあまり惹かれないのと、病院のゴタゴタをわざわざテレビで見る気がしないです(50代女性/パート・アルバイト)

主人公を取り巻く個性豊かな面々は、ストーリーに深みを持たせる一方、視聴者に煩わしさを感じさせてしまうことも。医療と人間関係、どちらが主軸なのかわからなくなるほどのドロドロゴタゴタに、辟易している視聴者も少なくないようだ。

・パターン化が一番のつまらないところ。意地悪な先生や、肩書や出世しか考えていない医者はもうわかったから(40代女性/専業主婦)
・病院の中で人間関係がごちゃごちゃしているのが、なんとなく苦手(20代女性/無職)
・大門先生のオペとか、診断のすばらしさを見たいのであって、よけいなヤツらの権力闘争とかどうでもいい(50代男性/専業主夫)
・病院のシーンがほとんどで、生活者としての医師の姿がほとんど描かれていないので、親しみが感じられない。クセのある登場人物が多すぎて覚えきれない(30代女性/パート・アルバイト)

■ドラマといえども現実味はある程度必要
 あり得ないのは大門未知子だけじゃない? ストーリー自体にリアリティを感じられないと、ドラマの世界にイマイチ入り込めず、楽しさも半減してしまうのかもしれない。

・本格的な医者のドラマが好きなので、王道から逸れている感じが嫌(30代女性/専業主婦)
・あまりにも簡単に手術しすぎ。どんなに難しい手術でも緊張感が感じられない(40代男性/正社員)
・医学技術が発達してるので、優秀な外科医等の話題は意外性がなく面白味がない(70代男性/無職)
・看護師をしていたので医療系のドラマは現実と比べてしまいます。あり得ないって思うことが多々ある(30代女性/専業主婦)

■ストーリーが真面目すぎる
 医療系ドラマに、求める要素も千差万別。一部視聴者が「見たい」ものとは、ちょっとズレていた可能性も?

・もう少しだけ笑いがあっても良いと思うが、真面目すぎる(20代女性/パート・アルバイト)
・健康に役立つ情報が知りたくて見るのですが、特殊な病気を取り上げるケースが多く参考にならない(40代男性/正社員)

あなたにおすすめ