【衝撃】志村けんの知られざる噂と秘密10連発「実は子供がいる」「最初はグーの考案者」「死亡説あり」

ザ・ドリフターズのメンバーであり、70歳に近くなった現在でも体を張ったコントを続けているお笑い芸人の志村けんさん。「バカ殿様」や「変なおじさん」など誰でも知っているキャラクターや「アイーン!」などのギャグなどを生み出してきた、日本のお笑い界のレジェンドと呼べる人物ですよね。

志村けんの知られざる秘密


志村さんはザ・ドリフターズに最年少で加入したメンバーでもあり、最初はいかりや長介さんの付き人として芸能界に足を踏み入れている苦労人なのです。今回はそんな志村さんの若き頃の苦労話や、人気絶頂になってから残した数々のエピソードなど、あまり知られていない秘密や逸話をご紹介。志村さんの温かい人柄が伝わるエピソードが満載です!

1. 運転免許を持っていない
いかりや長介さんや加藤茶さんの付き人をしてきた志村さんですが、高校卒業前に付き人を志願したため運転免許は未取得。付き人なのに運転はいかりやさんや加藤さんがするというおかしな状態になっていて、加藤さんの運転する車では無名の付き人なのに助手席にふんぞり返って座っていたのだとか。ちなみに現在もそのまま免許を持っていません。


2. 元サッカー日本代表・中村憲剛の先輩
志村さんは東京都立久留米高校の1期生で、サッカー部に所属してゴールキーパーを務めていました。当時はまったく強くありませんでしたが、現在は何度も全国大会出場を経験した強豪校のひとつとなり、元日本代表で川崎フロンターレに在籍している中村憲剛選手も輩出。志村さんは中村選手のサッカー部の先輩にあたるのです。

また志村さんは都立久留米高校が全国大会に出場すると寄付金を送るなど、多忙のため顔こそ出せないものの先輩として支援をしています。

3. 明日来てくれるかな?→ゴルフなのでNG
志村さんは人気テレビ番組「笑っていいとも!」の人気コーナー「テレフォンショッキング」で桑野信義さんから紹介されたのですが、その場で「明日ゴルフだから」と出演を断ったことがあります。番組後期は事前にアポを取った人に電話をかけることになっていたテレフォンショッキングでしたが、以前は完全にその場で電話してゲストを決めていたため起こったトラブルなのです。

出演拒否によってタモリさんとの不仲説も流れたそうですが、志村さんはトーク番組が苦手だったため、いいともだけでなくトーク番組には出ないようにしていたから断ったのだとか。


4. 1000万円騙し取られても怒らない
かつて、ある後輩芸人が「娘が難病で、手術のために300万円が必要」と志村さんに相談し、志村さんはなんと1000万円を後輩芸人に渡したというエピソードがあります。

しかし、その後輩芸人の話は真っ赤な嘘だということが他の芸人仲間から問い詰められて発覚。謝罪してきた後輩芸人に対して志村さんは「なんだ、娘さん無事なの? 良かったな。ほっとした!」と伝え、一切怒らなかったそうです。しかも渡したお金も「金は天下の回り物だから、気にしなくていい」と伝えたのだとか。志村さんの優しい言葉に、その後輩芸人は泣き崩れたと言われています。

5. 唯一出演した映画
コントやバラエティ以外のテレビ番組や映画には出演しないことを信条としていた志村さん。最近では声優としての活躍もされていますが、唯一俳優として出演したのは映画「鉄道員(ぽっぽや)」です。自宅の留守番電話に主演の高倉健さんから直々の出演依頼のメッセージが残されていたため、「健さんの申し出があったのに出演しないとは言えなかった」として出演を受諾したのだそうです。この時の録音テープは、家宝として今でも大切に保存しているそうです。

6. 実は子供がいる
自著「変なおじさん」の中で、志村さんは付き人時代に同棲していた女性との間に子供がいたことを明かしています。周囲の反対があり、その方と結婚には至らず、現在ではその女性と子供の消息は不明なようです。

他にも3年間同棲し、結婚を考えていた女性がいたこともあります。結果別れることになってしまったのですが、その女性が内縁関係を主張してきたため、志村さんは当時の財産の半分を渡したそうです。

現在も独身生活を続ける志村さんですが、もしかしたら子供の存在が結婚に踏み切れない一因になっているのかもしれませんね。


7. 海外でも大人気
言葉よりも動きで笑いを取れる志村さんの芸は海外でも大人気。中国では、人気番組だった「志村けんのだいじょぶだぁ」が「志村大爆笑」と訳されて放送されていました。他にも横浜DeNAベイスターズのラミレス監督は現役時代にホームランを打つとカメラに向かって「アイーン!」を披露していたことは有名ですし、イランの政府高官が大使館に在留時に志村さんのコントを見て大ファンになり、帰国後「国賓として招きたい」と言ったこともありました。

日本語が通じなくても笑える芸を生み出し続ける志村さん。すごいとしか言いようがありません。

8. 死亡説が流れたことがある
志村さんはゴールデンタイムのレギュラー番組がすべて終了していた1996年頃に死亡説が流れたことがあります。「群馬県のゴルフ場で急性心筋梗塞を起こし急死」「尾瀬を観光中に尾瀬沼に落ちて溺死」「煙草の吸い過ぎが原因の肺ガンにより栃木県のがんセンターで死亡」「栃木県の国道で交通事故死」など、さまざまな死亡説が流れました。

どうして死亡説がそんなに流れてしまったのかというと、北関東在住で同姓同名の「志村けん」と言う方の訃報がニュースで流れ、志村さんと混同されてしまったのではないかと言われています。

9. 「最初はグー」の発祥は志村さん
じゃんけんの掛け声と言えば「最初はグー」ですが、実はこの掛け声は「8時だよ!全員集合」での打ち上げで志村さんが考案したものだと言われています。打ち上げが終わりに近づき、誰が支払いをするかを巡ってみんなでじゃんけんをする際、酔っ払っていたこともあってなかなかタイミングが揃いませんでした。そこで志村さんが「最初はグー」と音頭をとったことで、この掛け声が生まれたのです。

10. インスタグラムのアカウントが乗っ取られた?
現在大流行のSNS「instagram(インスタグラム)」。2017年の流行語に「インスタ映え」が選ばれるほどの大ブームで、志村さんもアカウントを開設しています。ところが今年4月に突然男性の局部画像が投稿され、志村さんの誤爆ではないかと大変な話題となりました。

しかしこれは不正アクセスによるものであり、志村さんの局部ではなかったとして、現在は普通に投稿が行われています。


さらなる活躍に期待!


来年の2月に68歳となる志村さんですが、まだまだ数多くのレギュラー番組を抱え、安定した笑いを提供してくれるのはさすがとしか言いようがありません。これからも末永くお元気で、日本のお笑い界を牽引して行っていただきたいですね!

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス