加藤浩次、M-1審査員は「リーダー1番良かった」

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(48歳)が、12月7日に放送されたバラエティ番組「極楽とんぼKAKERUTV」(AbemaTV)に出演。先日行われた「M-1グランプリ」の審査員評を語った。

番組ではこの日、「審査員を審査にカケル審査員審査グランプリ」と題し、「M-1グランプリ」などの審査員をする芸人を番組内で育成していこう、という企画を放送。

その流れで「M-1グランプリ」で審査をしていた大御所たちの話に移り、次長課長の河本準一が「オール巨人さんの審査が1番良かった」と話すと、加藤は「僕はリーダーが1番良かった」と、タレントの渡辺正行(コント赤信号)を高く評価。

理由としては「『若い子が頑張ってていいな』って最後泣いただろ? あれが良かったよね。次に時代を渡す感じがね」と語ったが、それに対し品川庄司・品川祐が「どこ見てるんですか!ネタ見てくださいよ」とツッコミ、スタジオに笑いが起きていた。

あなたにおすすめ