指原莉乃、「AKB紅白」でモー娘。とのコラボに「AKB48に入ってダントツに幸せ!」

クランクイン!

2017/12/11 10:00

 今年で7回目となる「AKB48 紅白対抗歌合戦」が、10日、東京ドームシティホールで開催された。今年は、紅組をAKB48・SKE48・NGT48、白組をNMB48HKT48・STU48と東西のグループで分けて初の試み。さらに、「FNS歌謡祭」や「僕らの音楽」「堂本兄弟」など数々の音楽番組を手掛けるフジテレビ音組のきくち伸プロデューサーが演出を務め、全楽曲を生歌・生演奏で披露した。

【関連】「第7回 AKB48 紅白対抗歌合戦」の模様 フォトギャラリー

序盤から、いきなりゲストとのコラボレーション企画を展開。HKT48・指原莉乃は、モーニング娘。’17とコラボで、「泡沫サタデーナイト」を披露。さらに、今年1月発売のアルバム『サムネイル』に収録したサシニング娘。の「Get you!」もライブ初披露し、指原は「AKB48に入ってダントツに幸せ!」と大喜び。

続いては、NGT48が15周年目に突入した新潟のアイドルの大先輩Negiccoと「アイドルばかり聴かないで」「みどりと森の運動公園」の2曲を披露。さらに、SKE48はチームしゃちほこと「抱きしめてアンセム」「オキドキ」、NMB48がたこやきレインボーと「絶滅黒髪少女」を披露するなどご当地コラボを実現し、会場を盛り上げた。

このほか、NMB48・山本彩はアルバム『サムネイル』に収録した稲垣潤一とのデュエット曲「過ち」を、NGT48・中井りかは、NGT48最新シングルに収録されたロス・インディオスの「抱いてやっちゃ桜木町」で本人と共演。後半のカバー対決では、SKE48・松井珠理奈と小畑優奈がイルカ本人の登場のもと、揃ってオーバーオール姿で「なごり雪」を披露。NMB48・白間美瑠は、押尾コータローのギター演奏で「チェインギャング」を熱唱した。

ラストのキャプテン対決では、紅組キャプテンのAKB48横山由依が、3B juniorの栗本柚希とシーアの「Chandelier」を、白組キャプテンのNMB48・山本が今度は、榊いずみ本人登場のもと「失格」をカバー。

約4時間にも及ぶ本家「紅白歌合戦」に負けない豪華なステージには、審査員として田中将大、春風亭小朝、ミッツ・マングローブ、古市憲寿、千秋、AKB48・渡辺麻友も参加。結果は紅組が勝利し、通算成績を紅組3勝、白組4勝とした。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス