最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『トワイスアップ』最終章レポート!大山真志が見せた“座長”としての大きな背中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

008498.jpg

大山真志主演舞台&ソロライブ第3弾にして最終章となる『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』が2018年12月8日(金)に東京・浅草六区ゆめまち劇場にて開幕した。初日前には、大山と本作の作・演出を務める「演劇企画ユニット劇団山本屋」主宰の山本タクが取材に応じ、本作の見どころなどを語った。

本作は、近未来の地球を舞台に、便利屋のベックとその仲間たちが繰り広げる、ハードボイルドスペース喜劇。3部作で構成され、2017年7月に第1弾、9月に第2弾が上演し、本作が最終章となる。第2弾公演で、深い絆を築き上げたベック(大山)とロン(永松文太)、ジプシー(高田あゆみ)、グレイグ(赤塚篤紀)。今回は、ベックの“元相棒”という人物が現れたことから、ベックの壮絶な過去が明らかになっていく。

="『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』舞台写真_2

取材で、大山は「(本作は)最終章になるので、散りばめられていた伏線が回収され、この作品自体がどこに向かってきたのかが明らかになります」と見どころを語る。シリーズを通し、座長として公演を引っ張ってきた大山は「右も左も分からないところから作り上げた第1作目と、3作目を作り上げた今では、覚悟が違います。この作品に関わってきた人たちの思いをやり遂げなければいけないという気持ちが強くなりました。先輩としての自覚も出ましたね」と“成長”を感じさせた。

また、大山は7月の第1弾公演時に25kgの減量を公言していたが、半年間かけてこの目標を見事達成。「今は色々な役を演じる時期。太ってしまったら、役が限られてしまう」という思いから減量を始めたといい、週3回のパーソナルトレーニングと食事制限を行ってきたという。大山は「きつかったです(笑)」と苦笑いを浮かべながら「(痩せたことで)目覚めがよくなったり、体が動きやすくなったりしました」と変化を語った。

一方、シリーズ通して作・演出を担当した山本は、3作を経て「大山くんの背中が大きくなりました」と話す。「ストイックな生活をし、座長として全てを背負ったことで、大きくなったんじゃないかな。中身が変わったんだと思います」と大山の変化に言及し、「(大山の変化を感じて)構想と違うストーリーになりました」と明かしていた。

="『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』舞台写真_3

今回も、便利屋ベックの元にロンが新たな依頼が持ってくる。それは、夢を見れない貧民街に暮らす子どもたちに、サンタ代行としてクリスマスのサプライズをもたらすことだった。サンタ姿でノリノリのロンに対し、トナカイにされふてくされるベック。そこへ突然ある女(小川真奈)が現れ、ベックに「新たな依頼」と共に、銃を突きつけた。女が望んだのは・・・。一方、人類が進める「新たな美しい星」ノアス(no earth)星移住計画では、「プラチナチケット」を手に入れた人々を乗せる宇宙船の出発が迫っていたが―。

第1弾、第2弾の物語を受けて、パズルのピースがはまるがごとく、謎だった部分が次々と判明していく。中でも、これまでは語られなかったベック自身のこと。三枚目でハードボイルドなベックが、心の奥に抱えていた“真実”と“望み”が明るみになる。前作で、家族のようになったバーの仲間たちは、その時一体どう動くのか。

="『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』舞台写真_5

半年間という期間をかけて大山が作り上げたベックは、より深みを増した。特に、自身の過去に向き合い、苦悩し、そして本音をこぼす姿は涙腺を打つ。大山と共にシリーズを通して参加してきた永松や堀田、赤塚も、それぞれの登場人物により一層血を通わせたようで、ここにも成長が見えた。

『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』舞台写真_4

また、第2弾では映像出演となった北村が、再び舞台で見せる強いキャラクター性とミステリアスな表情のコントラスト。さらに、初参加の小川、西田麻衣、山口賢人、栗山絵美らが加わったことで、物語の縦軸となる“スペースオペラ”要素だけでなく、横軸に走るそれぞれの“人生”にも広がりを持たせる。脚本を手掛けた山本に、一歩先まで描かせた座組みの力を感じさせる最終章。これがシリーズ最後となるが、また、あのバーで、あの仲間に会いたいと思う瞬間が何度も訪れた。

もちろん、この最終章だけを観ても十分楽しめる。でも、第1弾、第2弾を観ていると、より一層、登場人物たちを愛しく感じるかもしれない。会場では、前2作のDVDも発売しているので、見逃してしまった方は、ぜひこちらもチェックを。

="『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』舞台写真_6

第二部の「Special Live」では、大山自身が「冬」をテーマに選曲した名曲の数々が、生演奏で披露される。どの曲も、この季節に聞くのにぴったり。さらには、日替わりで小川、栗山とのデュエットも(ゲネプロは小川ver.)。少し早いクリスマスを、存分に味わえるだろう。ネタバレになってしまうが、どうしてもお伝えしたいことがあるので、記事の最後に一部曲名に触れておきたいと思う。気にならない方は、ぜひこの記事の最後まで目を通していただきたい。

『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』は12月8日(金)~10日(日)に浅草六区ゆめまち劇場で上演。

『トワイスアップ~自分を偽るそんな夜に本音を語れる雪がふる~』&『大山真志Special Live』舞台写真_7

第二部で、大山は「All I Want For Christmas Is You 」や「白い恋人達」といった楽曲を披露。さらには、大山がこれまでに出演してきたアノ作品の楽曲も・・・「386」という数字に覚えがある方は、お仕事が待っているかも。

(取材・文・撮影/嶋田真己、編集/エンタステージ編集部)


外部リンク(エンタステージ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス