若い頃に努力しないと将来が大変? 就職氷河期世代からは反発の声も

しらべぇ

2017/12/9 15:30


((C)ぱくたそ)

イソップ物語の『アリとキリギリス』。生き方が多様化した現代では、どちらの生き方が正しいのか、わからなくなっている人も多いだろう。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,336人に「人生設計について」の調査を実施。

全体では67.5%もの人が、「若い頃に努力しないと、年を取ったときに後悔すると思う」と回答。アリの生き方のほうが、支持をされているようだ。

■年を取ってから後悔


年代別では、年を重ねるほどに増加している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

自分が若い頃なにもしておらず、それを後悔している人も多い。

「仕事で英語の対応が求められるので勉強をしているけど、年を取っているから覚えが悪い。もっと若い頃に、ちゃんと勉強しておけばよかった」(30代・男性)

■努力はなにを指すのか


「努力が大切」とはよく言われるが、あまり具体的な言葉ではない。

「どんな努力をすれば、年を取って後悔しないのか? 間違ったやり方だと、意味なさそう…」(20代・男性)

また不況の煽りを大きく受けた世代からは、こんな意見も。

「就職氷河期を、本人の努力不足だけで済ませるのはちょっと…。他の世代と比べると、ハードだったのは確かだったし」(40代・女性)

■「苦労は買ってでもしろ」は古い


職業別では、会社員よりも無職・家事手伝いが多い結果になっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

無職の人たちは、自分の経験から思うところがあるようだ。

「同年代のみんなは仕事で力をつけている時期に、自分はニートをしていた。30歳を超えてからようやく社会復帰して働くようになったけど、上司はみんな同年代。

今はそれなりにやっているけど、あの無職の期間を逃げずにいたらどうなったかな? と考えるときはある」(30代・男性)

しかし忍耐論に対しては、反対の意見もある。

「『若いときの苦労は、買ってでもするべき』と言われるけど、時代に合わないと思う。意味のない苦労でストレスを貯めて病むくらいなら、そんな会社からは逃げたほうがいい」(20代・女性)

アリのように額に汗して働く人、キリギリスのように好きなことをして生きる人。それぞれがいるからこそ、おもしろい社会になるのかも。

・合わせて読みたい→【仕事から猫?】AKB高橋みなみが叫んだ「努力は必ず報われる」を今更ながら調査!

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,336名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス