最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

堺雅人、初共演の高畑充希を絶賛「デスティニーだなあと!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 堺雅人、高畑充希が、9日に都内で実施された映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の初日舞台挨拶に、堤真一、安藤サクラ、田中泯、中村玉緒、山崎貴監督とともに出席。堺は初共演となった高畑の印象について「デスティニーだなあと!」と笑顔を見せ、「初共演ですが、これから何度も何度も、また共演したい女優さんです!」と語った。

【関連】『DESTINY 鎌倉ものがたり』公開初日舞台挨拶フォトギャラリー

本作は、西岸良平による累計発行部数1000万部のベストセラーコミック『鎌倉ものがたり』を、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで西岸作品を手掛けた山崎貴監督が実写映画化。人と人ならざるものたちが共に暮らす古都・鎌倉を舞台に、ミステリー作家と彼の元に嫁いだ年若い妻の“夫婦の愛”を描く。

初共演となった高畑の印象を聞かれた堺は「撮影中も堂々としていらっしゃる、信頼できる同志のような気持ちでいたんですが、プロモーションで回ってみたら、けっこう撮影中、ドキドキしていたらしいということに気づきまして」とコメント。「顔に出ないタイプで、非常に損をなさっている(笑)」とも。

これを受けた高畑は「緊張すればするほど、能面みたいになっちゃって」と苦笑。堺は「考えてみたら、このメンツの中に混ざってるから、そりゃそうだと思って。先輩ばっかりなので。ごめんね。気づいてあげられなくて」と陳謝しつつ、どんな存在か問われると「デスティニー(運命)だなあと!」と即答。「初共演ですが、これから何度も何度も、また共演したい女優さんです!」と力強く語った。

当日、高畑は華やかな衣装を山崎監督や堤にいじられていたそうで、「『あー、はい。七五三ね』みたいな」と苦笑。「でも堺さんは、『あ、今日は綺麗に着物を着ていいね』って褒めてくださって、本当に、堺さんだけが味方だった(笑)」と感謝し、そんな堺がどんな存在か問われると「デスティニーです!」と笑顔で応えた。

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は公開中。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス