ジョン・レノンを偲ぶ「プラハの壁」。

TABILABO

2017/12/8 06:01


プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを記していったこの壁は、当時の共産主義体制に対する、反乱の象徴であり、自由へのシンボルでもあったそう。

いま、世界各地からここを訪れる観光客が後を絶たない。ジョンが求めた“世界はひとつ”を、奇しくもこの壁が実現させてくれているようだ。



allmydays.bcnさん(@allmydays.bcn)がシェアした投稿 -




Kåtさん(@littlemissdrake)がシェアした投稿 -




LaSimoncina さん(@lazybu)がシェアした投稿 -




Sara Tomaselloさん(@sansas7)がシェアした投稿 -




Pascale groulxさん(@pascale_groulx)がシェアした投稿 -




Vanessa Plankさん(@vanessa.plank)がシェアした投稿 -




Mikeさん(@fruitymike28)がシェアした投稿 -




Cassandre Torresさん(@cassandbeach)がシェアした投稿 -




veronica marchesiさん(@veronica.marchesi)がシェアした投稿 -




Bavo Derammelaereさん(@cliffs_not_bombs)がシェアした投稿 -


Reference:allmydays.bcn,littlemissdrake,lazybu,sansas7,pascale_groulx,vanessa.plank,fruitymike28,cassandbeach,veronica.marchesi,cliffs_not_bombs

Licensed material used with permission by liveforwanderlust_

当記事はTABILABOの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ