最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

桐谷美玲、「かわいい」オンリーの三木監督に「えっ…以上ですか!?(笑)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマやCM、そしてキャスターなどで活躍中の女優・桐谷美玲が、約2年ぶりに主演を務める映画「リベンジgirl」の完成披露イベントが、12月7日に都内で行われ、桐谷のほか、鈴木伸之、清原翔、佐津川愛美、竹内愛紗、そして三木康一郎監督が登壇した。

「リベンジgirl」で桐谷が演じるのは、“ミス東大”“イケメン彼氏持ち”、性格以外はパーフェクトな“イタイ女” 宝石美輝。フラれた相手を見返すために女性初の総理大臣を目指す型破りなヒロインを、キュートな魅力とマルチな才能を持つ桐谷が体当たりで演じる。

JYの主題歌が流れる中で登壇した桐谷は「この作品はつい1カ月ちょっと前まで撮影をしていたので、今日という日が迎えられて本当にうれしく思います。そしてこんなにたくさんの方に見ていただけているということもすごくドキドキしながらこの舞台に立っているんですけど、楽しんでいただけたらうれしいです」と、満員の観客に感謝のあいさつを述べた。

演じる美輝は、政治家一家の御曹司・裕雅(清原)にフラれたことがターニングポイントになったということにちなみ、自身のターニングポイントについて聞かれると「事務所にスカウトされたことですかね。全くこの芸能界に興味がなくて、やろうと思ったことはなかったので、その時スカウトされていなかったら今ここにはいませんでしたし、こういう舞台にも立っていなかったので」と、桐谷はデビューのきっかけのスカウトを挙げた。

高校1年生の夏にスカウトされたとのことだが、「(携帯に)電話が突然かかってきた、という特殊なスカウトでした(笑)。そんなことがあったんです。ビックリしましたし、むちゃくちゃ怪しかったですよ! 最初は断りに行こうと思ったんですけど、あれよあれよとこういうことになって、今ここにいる、という感じです」と、驚きの出来事を笑顔で振り返った。

そんな桐谷に対して、撮影時に抱いていた印象を聞かれた三木監督は「撮影中、桐谷さんは…すごいかわいいなって思いました(笑)」とニコニコ顔で語り、桐谷に「何ですかそれは!」とツッコまれる場面も。

それでも念押しのように、三木監督は「すごいかわいいなって思いました!」と繰り返し、桐谷に「えっ…(印象は)以上ですか!? それじゃ私が不真面目な人間みたいじゃないですか」と苦笑いされていた。

また、桐谷演じる美輝は、性格以外はパーフェクトで、ある意味“最強”な女性ということで、共演者それぞれが桐谷の最強だと思うことを挙げることに。

鈴木は「この映画の中で47着衣装を着ているんですけど、どれも似合うんですよ! それは最強だなって思いました。その中でも僕が好きなのが、白いライダースを着ているとき。特に似合っていて、僕も監督と一緒で『かわいいな』って思いました」と女性ファンを嫉妬させつつ、答えた。

一方、桐谷を“フッた男”清原は「せりふも多いし、出演シーンも出ずっぱりなので、もうその時点で最強なんじゃないかな?って思いました。あと本当に衣装が本当に似合っていて、かわいいなって思いました。僕がお気に入りなのは、白いパーカーのシーンなので、そこも見ていただけたらと思います」と、クールに明かした。

最後に、桐谷は「キャスト・スタッフさん一同、本当に一生懸命作った映画です。そして、頑張る女の子の成長を描いた物語だと思うので、これを見終わった後、皆さんの背中を一つ押せるような作品になっていたらいいなって思うので、ぜひ楽しんで行ってください。本日はありがとうございました」と、代表して観客にメッセージを送った。

なお、映画「リベンジgirl」は12月23日(土・祝)に全国ロードショーとなる。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/130051/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス