最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

草食系男子どうしのエグイ会話に見る「草食系男子とつきあう方法」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、とあるカフェでコーヒーを飲んでいたら、隣の席に、見るからに草食系に見える男子ふたりが座りました。店内にお客さんはまばらで、ほかの席だってたくさん空いていたのですが、彼らはなぜか、ぼくの隣に座りました。

男子ふたりの会話が丸聞こえだったのですが、なんと朝から「沖縄のソープランドって安いって聞くけど、いくら?」「16000円」という会話がはじまりました。
3000円のところもあると、教えてあげたかったのですが、当然教えませんでした。



■ ■上司に叱られたら3日くらい会社を休みそうな男子が・・・

「そのソープはどこにあるのか」「かわいい子はいるのか」「ではいつ沖縄に行く?」「おれ、お金がない」というような会話でした。

H&MやGAPなどで洋服を買っている感じの、いわゆるおしゃれ男子。かつ、髪の毛の特に毛先にそれなりに気をつかっていそうな男子。かつ、高校生の頃から女子に声を掛けるのが苦手そうに見える男子。

かつ、就職しているのならIT企業の片隅でおとなしくしていて、上司に叱られたら3日くらい会社を休みそうな男子。大学生であれば、クラスやサークルのかわいい子をチラ見する以上のことができなさそうな男子が、朝から沖縄のソープの話をしていたのです。

■ ■とたんに男ふたりの会話が変わりました

沖縄のソープって、安いことで有名です。実際には、都内にも安いソープはいくらでもありますが、そういう「都内のちょっと穴場的な情報」ではなく(オトナからすればべつに穴場ではないですが)、男の世界に広く流布している沖縄のソープの話をするということは、「エッチ初心者」なのだろうと思います。

「したいけど、彼女がいない。かつ、お金がない。そう言えば、この前、誰かが沖縄のソープが安いと言っていたな、それを友達に確認してみよう」こういう気持ちが、朝っぱらから、彼にこのような会話をさせたのでしょう。

やがてその隣の席に女子が座りました。とたんに男ふたりの会話が変わりました。

「今朝、母親が衣替えしたいと言うから、お母さんの衣替えを手伝ってきたよ、だから疲れた、ダルイ」こんな会話でした。

■ ■草食系男子に片思いしています

「草食系男子に片思いしています。彼はエッチなことを誘ってきません。どうすればいいのでしょうか」という恋愛相談が非常に多い時代です。
これは、答えは簡単です。

まず彼は、エッチをしたくないとは、まったく思っていません。むしろ、沖縄に行ってまでしたいと思っています。

次に、これは一般論でもあると思いますが、草食系男子は母親思いです。母親の「空気を読む」ことが日課になっているところがあります。もっとも「男はマザコン」と世間は言うから、草食系も肉食系も、母親思いなのかもしれませんが。

つまり草食系男子は、「したい」と思っており、母親思い、つまり女子にやさしいということが言えるように思います。

■ ■で、女子はどうするべきか?

ウブで、でもエッチなことに興味を持ちはじめた女子高生のように、なんらかの口実でもって彼の部屋に押しかけ、彼の隣に座って、「眠たくなっちゃった」と、彼の肩に頭を乗せつつ、「勇気がない男子って損するよ」と言えばいいのではないでしょうか?

その瞬間、彼は「16000円を握りしめて沖縄に行くのと、今このタイミングで彼女の胸を触るのと、どちらが得なのか」真剣に考えるでしょう。

「損をしたくない」「損をしてまで自分がやりたいことをしたいとは思わない」、つまりリスクをことごとく避ける。これも、草食系男子特有の考え方でしょう。

もっとも男の世界では、「おとなしそうに見える男子だってエロい」というのが定説になっており、それを知らない女子がなぜかいる、という事実じたいが、男からすれば不思議に思うわけですが、知らない女子もいるということで、くどくどとご紹介しました。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス