最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!Rock周年だよ人生は…~」最終公演レポ。研究生全員が昇格に新章幕開けを感じた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


HKT48が、劇場公演スタート6周年を記念して「HKT48 6フェス ~LOVE&PEACE!Rock周年だよ人生は…~」を開催。11月24~26日の3日間にわたり、ホームグラウンド・HKT48劇場(博多天神・西鉄ホール)にて、大々的に行なった。

最終日の11月26日といえば、6年前に彼女たちが公演デビューした日。これにちなみ、昼には1期生による「手をつなぎながら」公演が実現。6年前と同じ演目でファンと思い出に浸り、夜公演へとつなぐ。1期生から4期生まで、計48名のメンバーで送るイベント最終公演。彼女たちは、丸6年の集大成をどのように見せてくれたのだろうか。

本編は、全メンバー出演の「ロックだよ、人生は…」からスタート。HKT48らしい若さと元気に溢れるパフォーマンスで魅了し、会場のボルテージを上げた。続いて、1期生が登場。「スカート、ひらり」で貫禄を見せつけると、2期生の「前しか向かねぇ」、3期生の「青臭いロック」と、順にバトンを繋いだ。そして、ドラフト生、4期生、指原莉乃による「マジスカロックンロール」へ。奇しくも新鮮な組み合わせで“ロック”なオープニングを締めくくった。ちなみに、1期生の衣装は6年前のお披露目のときに着ていたもの。MCでは「恥ずかしい」という声も漏れていたが、ファンはヴィジュアル面からも成長を実感できただろう。また、指原は「7周年は専用劇場で迎えられるように頑張りましょう!」と一喝! メンバーからも観客からも大きな賛同の声が上がっていた。

その後は、ユニット中心。「ぐにゃっと曲がった」「隣の彼はカッコよく見える」「止まらない観覧車」など、今年発表されたタイトルを届けた。ここで注目を集めたのは、9月のじゃんけん大会で頂点に立ったfairy w!nk(荒巻美咲、運上弘菜)のパフォーマンス。「私たちのデビューシングルを聴いてください」と、12月13日にリリースされる「天使はどこにいる?」を初披露した。これには、観客も熱狂! クールで芯のあるダンスに釘付けになっていた。かと思えば、合間のMCでは“ゆるさ”もチラリ。熊沢世莉奈を推すメンバーが一同に集い、本人を前に語り合う「熊沢世莉奈を愛でる会」には、森保まどか、村重杏奈らが登壇。「弟のことを『かわいい』って言ってるせりちゃんがかわいい!」「もはや写真を撮るのがもったいない。独占したい」「(熊沢の家の)家具になりたい」などとめどなく語られていた。

後半戦は、4期生による「チャンスの順番」からスタート。3期生&ドラフト生の「清純フィロソフィー」、2期生の「スクラップ&ビルド」と、オープニングとは逆順かつAKB48の楽曲でバトンを渡し、1期生と指原による「RIVER」に繋げた。スポットライトとスモークを浴び、力強いダンスとともに披露された「RIVER」は、まさに圧巻! 観客は目に焼き付けるようにじっと眺めていた。本人たちも満足げで、「自分たちで言っていいほど、出てくるときの貫禄がすごい」「1期生にさっしーが加わることで最強になる」と口を揃えていた。

一層気合いが入ったメンバーたち。「バグっていいじゃん」「12秒」など、HKT48のシングル曲を中心に固めた終盤戦も、全力で駆け抜けた。そして、「メロンジュース」で目いっぱい弾けると、ラストの曲「HKT48ファミリー」へ。1曲目以来の全メンバー出演で、賑やかに幕を下ろした。

アンコール明けのMCでは、指原から新公演の実施が明かされた。チームHはAKB48チームKの「RESET」公演、チームK・はSKE48チームSの「制服の芽」公演を行うという。さらに、18歳以上のメンバーによりSDN48の「魅惑のガーター」公演が行われることも発表。会場全体が驚きと喜びに包まれた。加えて、研究生として活動していた4期生全員が正規メンバーに昇格。本人たちだけでなく、松岡はなまで泣き出すという心温まる一幕が見られた。こうして、全員が正規メンバーに。最後に全員で披露した「HKT48」は、新章開幕の記念すべき時間となった。12月27日にはグループ初となるアルバムのリリースも控えるHKT48。勢いは増すばかりだ。

年明けに発売される「週刊SPA!」本誌には、HKT48より宮脇咲良と森保まどかが登場。表紙巻頭に加え、セブン‐イレブン限定で彼女たちの撮り下ろし写真を使用したオリジナルクリアファイル(全3種)も手に入るのでぜひチェックを。華やかな着物をまとうふたりが目印だ。

【セットリスト】

0.overture(HKT48 ver.)

1.ロックだよ、人生は…

2.スカート、ひらり

3.前しか向かねぇ

4.青くさいロック

5.マジスカロックンロール

6.ぐにゃっと曲がった

7.隣の彼はカッコよく見える

8.さくらんぼを結べるか?

9.ロマンティック病

10.天使はどこにいる?(初披露)

11.止まらない観覧車

12.チャンスの順番

13.清純フィロソフィー

14.スクラップ&ビルド

15.RIVER

16.バグっていいじゃん

17.初恋バタフライ

18.大人列車

19.ウィンクは3回

20.必然的恋人

21.12秒

22.メロンジュース

23.HKT48ファミリー

EN1.キスは待つしかないのでしょうか?

EN2.最高かよ

EN3.HKT48

取材・文・撮影/松本まゆげ 写真提供/AKS


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス