最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

マーク・ハミル、39年ぶり来日 「衝撃のスター・ウォーズ!」の雄叫びに大歓声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のレッドカーペット・イベントが6日、都内で行われ、ルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルが映画プロモーションとしては39年ぶりに来日。イベントのクライマックスで、多少フライングがあったのもご愛嬌、カウントダウンのあとに決めゼリフ「衝撃のスター・ウォーズ!」と力強く叫ぶと、約1000人のファンが歓喜の声を上げた。

【関連】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』キャスト陣登壇来日イベントフォトギャラリー

この日は、カイロ・レンを演じるアダム・ドライバー、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ、プロデューサーのラム・バーグマン、そしてメガホンを取ったライアン・ジョンソン監督も来日。レッドカーペットでたっぷり時間をかけてファンサービスした一行は、満面の笑顔で舞台に上がった。

高校時代、神奈川県横須賀市に2年間住んでいたマークは、日本には特別な思いがあるようで、「ここは第2の故郷! 日本の皆さんは、どの国よりも熱心に応援してくれる」とご満悦。さらに、「当時、日本の俳優になれるくらい日本語が流暢に喋れたら、そのまま日本に住み続けて、日本で俳優をしていたよ」とリッピサービスも忘れなかった。

また、長年、人里離れた惑星オクトーに身を潜めていたルークについて質問が及ぶと、「詳細について語ってはならないことに対して、お茶を濁しながら答えることに、だんだん慣れてきたんだ。皆さん、あと1週間ほどで、作品をめぐる最大の謎を知ることになります。ぜひ、劇場で楽しんでね」とアピールした。

一方のアダムは、「日本に来ることができて嬉しく思っています。今回はぜひカラオケをやってみたい」と目を輝かせる。「どなたか日本語の歌を教えてくれませんか?」と逆にMCに求めると、坂本九の『上を向いて歩こう』(アメリカのタイトル:SUKIYAKI)を伝授された。

最後にライアン監督は、「この作品は、『スター・ウォーズ』ファンが作った最新の『スター・ウォーズ』映画。そしてそれを早く観たいと多くのファンがワクワクしていてくれることに、最高に感激している」と興奮気味。予告映像よりも、さらに1歩踏み込んだヒントを求められると、ライアン監督は、「潰されそうになっても、希望を手放してはいけない」という意味深な言葉でかわしていた。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス