最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

タレント活動に焦り?上西小百合が過去のレッズ騒動を釈明もさらに非難轟々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元衆議院議員の上西小百合(34)が過去の浦和レッズ批判騒動についてあらためて振り返った。今年7月に行われた浦和レッズとドルトムントの親善試合の結果に対し、「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とツイートして炎上した上西。さらにチームのみならずサポーターに対しても「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」と発言し騒動になっていた。

そんな上西だが、6日に自身のツイッターを更新し、浦和レッズ騒動について「私が前にレッズについて言った時本当はこれが言いたかった」と前置きしつつ「〝感動をありがとう〟とか〝日本人で良かった〟とか。口に出す事で依存する日本人のメンタルの弱さに腹がたった」と釈明。しかし、続いて「もう一度言う。〝ただ応援してるだけで何かやった気になってんじゃねえよ〟」とつづった。

いわゆる“炎上商法”で知名度を上げてきた上西。これにはサポーターからも、「ただツイートしただけで何かやった気になってんじゃねえよ」「サッカーに関わるのやめろよ」「何で?同じ日本人が活躍してるのを見て感動したり、誇らしく思うのは依存してるのとは違うよ」「タレント活動が微妙だから焦ってるんじゃねえよ」と再び批判が集まる事態となっている。

「炎上商法では?」との指摘に対してはその後のツイートで、「炎上商法とか言われるけど、本当に儲けたいなら、もっと上手くやる」と述べているものの、その発言に説得力はない。まず上西は人として、他人に不快感を与える言動は慎むべきだろう。

文・内村塩次郎

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス