最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

濱松恵「お前の子どもは頭が悪いからって…」 ポストに謎の薬を入れられ激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まるで大事件かのように報道される“不倫”のニュース。政治家や芸能人だけでなく、一般人にさえも向けられる、世間の厳しい目。なぜ、そこまでバッシングされるのだろうか。

SHELLYが番組MCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では 「不倫たたきは蜜の味?オンナをdisりたい人たち」 をテーマに、不倫した人&された人がその実態を赤裸々に語った。

濱松恵「娘に対しての暴言が一番頭にきた」


(女優・モデルの濱松恵さん)

不倫により世間からの激しいバッシングを経験した女優、モデルの濱松恵さん。濱松さんいわく「娘に対しての暴言が一番頭にきた」とのこと。濱松さんの娘は自閉症を抱えているが、あるとき自宅のポストに薬と一緒に置き手紙が入っていたという。

濱松さんは「置き手紙にお前の子どもは頭が悪いからこれ飲ませておけよって書いてあった」と、ポストに得体の知らない薬を入れられ、ひどい嫌がらせを受けたことを告白。「私への悪口よりも(娘への悪口のほうが)傷つく」と話した。

(離婚・不倫問題専門の行政書士・安富ゆきえさん)

⇒ 過去の「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~」はAbemaビデオで無料視聴できます。

芸能人ではなく一般の人が受ける不倫のペナルティにはどのようなものがあるのだろうか。離婚、不倫問題専門の行政書士でカウンセラーの安富ゆきえさんによると「職場で不倫をした場合、相手の女性の仕事場にバラしたい、仕事を辞めさせて制裁を受けてほしいというのはある」としたうえで、自身も過去に夫に不倫をされ、離婚をしたことについても言及。「私のように元夫の不倫相手の実家の両親に連絡をすることもある」と話した。

日本の不倫は“加害者”と“被害者”、ドイツの不倫は「新しい恋」


(コラムニストのサンドラ・ヘフェリンさん)

不倫をする人は加害者、不倫をされる人は被害者という形が成り立っている日本。ヨーロッパでは不倫に対してどう考えているのだろうか。日本とドイツのハーフでコラムニストのサンドラ・ヘフェリンさんによると、「ドイツは日本とは違って新しい恋を応援しちゃう」とのこと。ドイツの不倫では、奥さんと別居をし、離婚の準備を進めながら最終的には不倫相手と一緒になるというケースが多いという(関連記事: 「不倫」を叩く日本、「新しい恋」を応援するドイツ /著者: サンドラ・ヘフェリン)。

サンドラさんは「不倫相手で終わるのではなくて、新しい恋に乗り換えてその人と一緒になる」と説明。日本なら同情してもらえる不倫の相談もドイツであれば「彼も新しい恋を見つけたんだから。あなたも2~3年後には新しいパートナーができるかもしれないと励ます」と語った。

( AbemaTV /『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

(C)AbemaTV

(ライター/小林リズム)

⇒ 12月2日放送「不倫たたきは蜜の味?オンナをdisりたい人たち」
⇒ 次回は12月9日(土)夜23時から again放送 #10「働くオンナの生理最前線」

外部リンク(AbemaTIMES)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス