最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

期限切れのフィルムで撮影したら、心を奪われる世界が広がっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトグラファーIan Howorthの撮る写真をながめていたら、キューバを思い出した。場所としてではなくて、数十年前のような風景を見れるという意味で。

彼が撮影に本格的に力を入れ始めたのは、だいたい3年前。つまり、作品のほとんどは、最近撮られたものらしい。それなのに、なぜレトロな雰囲気を感じるのだろうか。

あえて期限切れのフィルムで。









Ianが愛用しているフィルムカメラが、1つの答えだろう。だけど、同じカメラを使ったとしても、誰でも同じ写真が撮れるわけではない。と考えると、彼のフォトグラファーとして大切にしていることの方が、大きく影響しているのかもしれない。

「探検」

ありきたりな言葉かもしれないけど、多くのことを意味していると彼は言う。光の入り方などを計算しながら、何度もシャッターを切るらしい。古めかしい雰囲気を出すために、あえて期限切れのフィルムを使用することも。さらに、仕上がりは現像してからしか分からない。

たくさんの努力の積み重ねが、歴史を感じさせる作品を生みだしているのだろう。

Licensed material used with permission by Ian Howorth


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス