最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『トドメの接吻』キスマークの正体は宮沢氷魚・堀田茜・唐田えりか・山本亜依

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の山崎賢人が主演する日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻(キス)』(来年1月7日スタート、毎週日曜22:30~ ※初回22:00~)に、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依らの出演が決まった。

先週11月30日に、役名とキスマークによって追加出演者が予告されていたが、その正体がこの4人だったことが判明。布袋道成役を宮沢、森菜緒役を堀田、青田真凛役を唐田、小柳奈々子役を山本が演じる。さらに、光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎の出演も発表された。

同ドラマの出演キャストは、11月2日から30日まで"キス写真"のリレーで発表され、今回はキスマークで予告されたが、今週は次の追加出演者のキスの音="キスボ"を公開。役柄は、山崎演じる旺太郎と同僚のホスト役で、正解は次週14日に発表される。

同ドラマは、山崎演じる頭は良いが"カネの切れ目が縁の切れ目"で女をもてあそぶナンバーワンホスト・堂島旺太郎が、謎の女(門脇麦)にキスされて死んでしまうが、次の瞬間、7日前の景色の中で意識を取り戻し、タイムリープ。その後も、謎のキス女(門脇麦)によって、何度も"死"と"時間"を繰り返すことになる。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス