最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“アクのある人妻役” 女優ペネロープ・アン・ミラー、夫に接近禁止命令下る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファミリードラマでも恋愛ドラマでも、この女優さんが現れると必ず何らかの事件が起きる。“ちょっとアクの強い主婦”、あるいは“ちょっと病んでいる主婦”などを演じることの多いペネロープ・アン・ミラー。数年前から私生活でもトラブルが続いていたが、ついに離婚を決意したもよう。夫に接近禁止命令が下されたもようだ。

女優ペネロープ・アン・ミラー(53)はブロードウェイ出身で、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の1990年のコメディ映画『キンダガートン・コップ』で園のジョイス先生を演じて有名になった。1993年には映画『カリートの道』でゴールデングローブ賞にノミネートされ、2011年にはアカデミー賞・作品賞を受賞した映画『アーティスト』で再び脚光を浴びた。この作品では主人公のジョージとは仮面夫婦という妻ドリスに扮しており、40代以降のミラーは“夫に振り向いてもらえない妻”、あるいは“思い込みが激しく時にヒステリックで冷血な妻”などを大変うまく演じてきた。

そんなミラーは私生活では1994年に6歳年下の俳優ウィル・アーネットと結婚するが、たった1か月で離婚。2000年に再婚したジェームズ・ハギンズ氏とはエロイサさん(16)、マリアさん(8)という2人の娘に恵まれたが、2012年3月に別居となり、3か月後には関係を復活させていた。しばらくトラブルとは無縁なように思われた夫婦だが、米芸能情報サイト『The Blast』によれば夫の酒癖の悪さにミラーはかなり辟易としていたもよう。酒乱な夫のせいで家族がめちゃくちゃになるとの訴えに基づき、裁判所はこのほどハギンズ氏の身を一時的にではあるが自宅から引き離し、妻と子の行動範囲につき100ヤード(91.4メートル)以内に入ってはならないとする「接近禁止命令」を言い渡したという。

ハギンズ氏は断酒のためリハビリ施設に入ったものの、結局お酒を断つことは叶わなかったとしているミラー。「インターネット・ムービー・データベース(IMDB)」においてはまだ夫婦と示されているが、娘たちの単独親権を求めて闘っていることから、すでに離婚に向けた調停あるいは裁判に入っているものと思われる。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス