最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

声優・土岐隼一、濱野大輝、野上翔がバランスボールに!? - 新フィットネスコンテンツ『BBB(バランス・ボール・ボーイズ)』を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●ジム通いの濱野、からっきしの野上、ナチュラルな土岐
動物、刀、戦艦、ロボット……、ありとあらゆるものが擬人化され、コンテンツとなる昨今のキャラクタービジネス市場。そんな中、また新たな擬人化コンテンツが誕生した。それが『BBB(バランス・ボール・ボーイズ)』。ダイエットやトレーニングに使用される、通信販売番組でもおなじみのバランスボールがとうとう擬人化される。

本コンテンツは、自分の趣味を第一に時間とお金をかける事を惜しまない女性たちを「年貢系女子」と称し、フィットネスなどを促す女子力向上プロジェクトとなっている。

登場キャラクターは王子の皮を被った腹黒ドS・澪(みお)、天才型の脱力系男子・郁(ふみ)、熱血系ツンデレ男子・大地(だいち)の3人。かつて伝説のアイドルグループCCC(トリプル・チェリー)として活動していた彼らは、突然不慮の事故に遭ってしまう。輪廻転生するも、なんとその先がバランスボールだった。天の神から「現代社会にあふれている"年貢系女子"たちを健康にすることができたら人間に戻してもいい」という条件を提示された彼らが、世の女性たちのために奮闘するというストーリー。

今回は、澪役の土岐隼一、郁役の濱野大輝、大地役の野上翔の3人にインタビュー。コンテンツについてはもちろん、3人の健康への意識や趣味といったパーソナルな部分にも直撃した。

○▼バランスボールが擬人化!?

――バランスボールが擬人化というこれまでになかった発想に驚きました。

土岐 そうなんですよ。バランスボールって、すべての人にとって身近なものではないと思うので、これからどう僕たちに興味を持ってもらい、好きになってもらえるかが楽しみですね。キャラクターもまだ設定だけしか決まっていないんですけど、どうバランスボールと紐付いていくのかも期待です。

濱野 そうそう。普段からバランスボールやエクササイズに興味を持っている方たちが、どう受け取ってくれるのかは気になります。それに日常的に運動をしないような方たちが、『BBB』を通じて運動に興味を持って下さったら嬉しいです。個人的には僕も体を動かすのが好きなので、これからどういう運動をしていくのか楽しみです。

野上 僕は濱野さんとは逆に運動がからっきしなんですよ。なので、僕が一番『BBB』がターゲットにしている人たちの気持ちが一番わかるかもしれない……そう自負しています。「運動がきらいなのはわかっているよ。でも一緒にがんばろうぜ!」と親身になって助けていきたいです。

――『BBB』は、趣味にたっぷりと愛情を注ぎ込んてきた、いわゆる"年貢系女子"の方々が、楽しみながら健康が出来るようにと始動したプロジェクト。みなさんは日常的に運動はどのくらいされますか? 濱野さんにはラグビーというイメージがありますけど。

濱野 運動は好きなんですけど、声優をはじめてから年に数回くらい運動ができておらず……「これじゃあかん! もっとしっかり体を動かそう」と思って、ジム通いをはじめました。自己流なので趣味の延長みたいな感じですけど、体を動かすだけでも体調は良くなるんだなと実感しました。

――ジムは週にどれくらい?

濱野 入ってすぐは2~3日おきくらいに行っていました。夏だったのでプールだけ入ることもありましたね。ほんとうは毎日行きたいんですけど、毎日トレーニングをしても効果がないので。

○▼三者三様

――対する野上さん。運動はからっきしとのことですが。

野上 中学生のときは陸上部だったんですけど、怪我が原因で辞めてしまったんです。ちょうどそのくらいからお芝居に興味を持ったので、それ以来運動とは疎遠ですね。

――ジムに通ってみたいとかも。

野上 まったく!!

濱野 力強いねー。

野上 たとえば「痩せないといけない!」というとき、ジムに通うか断食するかの二択だったら、僕は断食を取ります。そのくらい運動が苦手なので……。

――両極端なふたりにはさまれて、土岐さんは?

土岐 ジムには友だちが働いているから行ったことがあるくらいですね。運動経験だと、小さいころに水泳と剣道を習っていて、高校のときはテニス部でした。あと、父親の知り合いが本屋さんで教科書販売という学校に教科書を納入する仕事をやっていて、僕も手伝っていました。教科書20冊で一束のブロックを何百回って往復して運んでいく、ということを小中高とやっていたんです。そうやって体が出来上がりました。

濱野 ナチュラルな体だ。

土岐 いまは全然やっていないから体がなまっちゃって。半年くらい前に友だちから誘われてテニスをやったんですけど、次の日に筋肉痛で体がバキバキになってしまって(笑)。なんか自分の体がいやになってしまって、運動しないとな、と。ジムでトレーニングするよりも、もっと体を動かしたほうが楽しいので、近場にある壁打ち場に行ったり、公園を走ったりしています。あとは剣道の先生のところで揉んでもらっています。

――まさに三者三様ですね。運動以外で健康を意識することは?

野上 それに関しては僕はもう脱落。不健康です(笑)。

濱野 うーん、どうしても食生活が乱れがちな仕事なので、サプリとかは意識して飲んでいます。あと、昼ごはんだけでも野菜をしっかり採るとか。

土岐 あー、食物繊維は一日一回は採るようにしてる。それと、味が好きだからキレートレモンを毎日飲んでます。

濱野 僕も今朝飲んだ。

野上 一昨日飲んだわ(笑)。

土岐 ちょっとビタミン欲しいときってあるんですよね。

野上 僕、大丈夫かな、この先(笑)。

濱野 早死にするかもよ。

野上 そんな気がする。

――そんなに食生活が荒れているんですね。

野上 もう荒れ放題ですよ。現状、健康に気を使っていることは何も思いつかない。肌ケアくらいかなあ。

土岐 僕は柔軟してます。姉がクラシックバレエをやっていたので、柔軟に付き合わされていたんですよ。だからいまもテレビを観ながら柔軟するのがくせになっています。

濱野 ストレッチは苦手だなあ。ふだんから声を出しているとかはあるけど。

土岐 下手に走るより、叫んだほうが汗が出ることもあるしね。

●3人の趣味は?
○▼それぞれのこだわり

――3人は趣味に生きる"年貢系男子"要素はありますか?

野上 僕は年貢系男子ですよ。洋服をガンガン買います。

――どのくらい?

野上 ちょっとマネージャーがいるんで……、言えないくらい……。

土岐 いつもオシャレなんだよね。

濱野 だよね。でも、どうやって管理してるの?

野上 僕の帰宅は服と靴の手入れから始まるからね。「今日もおつかれー」って靴を磨いて、シャツにアイロンをかける。そして、部屋着にきがえてやっと落ち着く。

土岐 すごい……。

――おふたりもそういったこだわりは

濱野 僕は海外サッカーを観ることくらいかなあ。どうしても現地には行けないからテレビやスマホで。どんなに遅くなっても観ちゃいます。それくらいしか趣味がないので(笑)。

土岐 僕のこだわりというか、やらないといやなのは、一日に一回は喫茶店に寄ること。

野上 え、かっこいい。オシャレ!

濱野 なに飲むの?

土岐 ずっとコーヒー。自分をリセットできる場所が、家の風呂じゃなくて喫茶店なんですよ。頭を真っ白にして、ぼーっとしながらコーヒーを飲む。どうしても行けない日は家でコーヒーを飲む。

野上 なにか考えながら飲むとかじゃないんだ。

濱野 もし、隣の席がめちゃくちゃうるさかったらどうするの?

土岐 そこまで気にならないかな。全然関係ない、フィットネスと(笑)。

野上 僕も今日関係あること言えてないよ!(笑)。

土岐 でもファッションは関係あるかも。好きな服を着るためにはシルエットも大事でしょ。

野上 たしかに、僕が太らないようにしているのはそのためだからね。

○▼今後の展開は?

――今後、いろいろと展開していくとは思いますが、こういったイベントをやってみたいとかは。

野上 バランスボールが擬人化されるというスタートがまず変化球なので、なんでもできると思うんですよ。キャラクターがあるので、いわゆるキャラクターソングやドラマCDとかはやりたいですね。

濱野 バランスボールでキックベースをやるとかね。

野上 いいね(笑)。

土岐 あっはっはっは。でも、バランスボールがあって、お客さんがいて、僕たちがいたら、もうやることはひとつですよね。

野上 お渡し会とかトークイベントじゃなくて、みんなでトレーニングをする(笑)。

土岐 僕たちはみんなに教える立場だからね。

――バランスボールの経験は?

濱野 『BBB』のお話を頂いたあとに、ジムに置いてあるものに「どうやって使うんだろう」と座ったくらいですね。平べったいバランスボードの方はやったことがあるんですけど、バランスボールをちゃんとやったことはないですね。

野上 僕は親戚の家にバランスボールがあってやったくらいですね。何年も前なんですけど、試しに座ってみたらコントみたいに前にシューンって落ちちゃって。それ以来の再会です。

――まさかこんな形で再会するとは。

濱野 バランスボールになるとはね。

野上 ほんとだよ(笑)。

土岐 剣道の道場にあったので何回か使ったことがあります。先生がバランスボールの上に膝立ちで乗っていて、そこで竹刀を振っていて。僕もやろうと思ったらきれいに倒れてしまって。何回かやったらゆっくりだけどできるようになりました。

濱野 これからはそうやって使い方もマスターしていかないとですね。まず僕たちが学んでいって、それからみなさんに教えていけるようになれればと思います。

○●土岐隼一、濱野大輝、野上翔サイン入りチェキプレゼント

応募要項
■応募期間:2017年12月6日から2017年12月13日まで
■内容:土岐隼一、濱野大輝、野上翔サイン入りチェキ
■当選人数:2名様

■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■当選条件
日本国内にお住まいの方 <個人情報取り扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。
(1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。
(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp
(3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス