最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

期間限定の冬の味覚や大河ドラマの世界観を体感できるプランも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浜松市は、ふるさと納税の返礼品を平成29年10月3日(火)にリニューアルし、現在申し込み件数が前年を上回っているといいます。また、12月1日(金)からは、「ふるさとチョイス」、「さとふる」に加え、全日本空輸と新たに連携し「ANAのふるさと納税」を通じた申し込み受け付けを開始し、より利用しやすいサービス体制となります。浜松市の返礼品の人気ランキング上位を占めるのは、名産品である「うなぎ」や「餃子」、「みかん」ですが、その他にも魅力的な商品が数多くそろっています。今回はその中から、年末年始のおもてなし料理に最適な食材や、大河ドラマ「おんな城主直虎」をテーマにした企画商品などを紹介します。

◇贅沢な食材や期間限定の冬の味覚

浜松市のふるさと納税では、会食やギフトの機会が多くなるクリスマスからお正月のシーズンに利用したい贅沢な食品や旬の食材がそろっています。冬の味覚「天然とらふぐ」や、自然豊かな環境で育ったブランド肉・加工肉など、食卓を豊かに彩る商品が豊富です。
「峯野牛サーロインステーキ(250g×5枚) 化粧箱入り」では、浜松地域ブランド「やらまいか」認定品の牛肉が堪能できます。環境・えさ・水にこだわり、『霜降りよりも赤身』『うまみが自慢』を特徴として、バランスがよいことが特長です。
「遠州灘 天然とらふぐ中」は舞阪漁港で水揚げされた活きのいい商品で、鍋のおいしい季節にお勧めです。
JAとぴあ浜松の認定農場で厳しい生産基準により育てられた豚肉「とぴあポーク」を使用した「とぴあポーク加工品詰めあわせ」は、10種類のハムとウインナーが楽しめる商品です。
わさびの新芽を使用した漬物や柚子大根などが入った「菜乃屋 旬の浅漬詰合せ」では、風味豊かな旬の素材を使った漬物が味わえます。

◇大河ドラマの世界観を体感

浜松市は、大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公である井伊直虎ゆかりの地です。そこで本年のふるさと納税では、ドラマに登場する井伊家の菩提寺「龍潭寺」を訪ね、方広寺の精進料理を味わうプランや、ドラマの世界観を体感できる「大河ドラマ館」、徳川家康公が築城した「浜松城」などを訪ね、歴史のロマンを満喫する旅行企画が用意されました。気軽に日帰りで楽しむプランのほか1泊2日のプラン、観光タクシーの利用券などもあります。このほか、井伊直虎をイメージし、浜松酒造、花の舞酒造、関谷醸造といった市内の酒蔵が醸造した日本酒飲み比べセットなどの関連商品も揃っています。

旬の食材や旅行プランなど、各商品ごとに申し込み締め切りがあり、人気が高いものは早めに受付を終了してしまうこともあるので、注意が必要です。年末年始の食卓を彩る食材や旅行プランまで幅広いラインアップの浜松市のふるさと納税、利用してみてはいかがでしょうか。

外部リンク(TheNews)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス