最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

黒木メイサ、三浦春馬に「本当に童貞なんじゃないか」と未だに疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三浦春馬主演の連続ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05~)。この度、三浦と黒木メイサがクランクアップを迎え、3か月にわたる撮影期間を振り返った。

本作は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)や謎の思考回路を持つ永遠のスペア処女・園部真希(黒木)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。

この時撮影されていたのは、12月9日放送の最終話中盤で訪れる、2人が同棲生活を解消するシーン。無事に終えた三浦は「本っ当に楽しい現場で、3か月があっという間に過ぎていきました。素晴らしいスタッフ、力を持ったキャストの皆さんが新しい芝居へチャレンジする勇気を育ててくれました。感無量で言葉にならないんですが、本当に感謝しています!!」と清々しい笑顔であいさつ。監督と二度も熱いハグをするなど、『オトナ高校』への愛を全身に滲ませた。

そして黒木も「斬新な作品に関わることができて本当に嬉しかったです。素晴らしい英人座長に引っ張られて、熱い現場でした」とコメント。黒木から「三浦春馬は本当に童貞なんじゃないか、と私は思っております(笑)。それくらい素敵な英人でした」と“最高の誉め言葉”で称えられると、三浦も「スペアさんも本当に素敵でした」と声を弾ませ、別れを惜しむように談笑に興じていた。

そんな2人をねぎらうべく、きわどい言葉連発のエロ小悪魔教師・姫谷さくらを体当たりで演じた松井愛莉が、サプライズで現場に登場。遠慮がちにスタッフの中に紛れ込む松井の姿を見つけた三浦は「あれ? 来てくれたんだ! ありがとう!!」と、頬をほころばせた。

12月9日放送の最終回では、人生初の同棲生活を始めるも、肝心な一線が越えられない英人とスペアの様子が描かれる。そんな中、オトナ高校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら(松井)が、英人を押し倒し彼のファーストキスを奪うという暴挙に出る……。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス