最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

米津玄師と菅田将暉のコラボ曲「灰色と青」、タイトルの意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ボカロ世代から産まれた歌手・米津玄師が、俳優の菅田将暉とツインボーカルをとった「灰色と青」。同世代を牽引するふたりがコラボした、貴重な楽曲ですよね。

「灰色と青」というタイトル、これは何を意味していると思いますか?色はしばしば、イメージを抽象化したものとして使われますよね。

「暖かい」なら赤、「うれしい」なら黄色やオレンジというように。では、「灰色」と「青」がそれぞれ示しているものとは何なのでしょう?

その答えを探るべく、一緒に歌詞を見ていきましょう。

米津玄師と菅田将暉のコラボ曲「灰色と青」




実は、「灰色」という単語は、歌詞のどこにも出てきません。

でも、ここのことを指してるんじゃないかな?という部分があります。「滲む顔 霞む色」というところです。

「滲む顔」と書いてあるのだから、きっと泣いているのでしょう。涙で景色が灰色に霞んでいるのです。

でも、この灰色、ただ景色が霞んでいるだけではありませんよね。

灰色とは君の面影




この曲の歌詞構成は、Bメロが過去の回想でできています。

ドラマなどの映像作品で、過去を回想する描写があるときって、だいたいがモノクロームになっていますよね。

この曲でも同じで、つまり「灰色」とは「過去」のことなのです。泣きながら過去を思い出しているんですね。

では、灰色の過去とは、具体的に何のことなのでしょう。歌詞で米津が思い出しているのは、すべてが特定の人との思い出。

それは幼馴染なのかもしれないし、音楽仲間や専門学校時代の友人なのかもしれません。

過去に一緒に過ごしていた相手、その人との大切な日々を思い出しているのです。灰色の過去とは、「君の面影」のこと。

「くだらない面影」と、歌詞にはあります。

過去の面影が今の自分を勇気づけている




過去を思い出すのは、ただ感傷に浸るためだけではありません。過去の思い出から力を得て、毎日を続かせていくためでもあるのです。

「灰色と青」の歌詞でも、過去の面影が現在の米津を勇気づけている様子が、全体を通して書かれています。彼が今に至るまでの道は、決して思い通りの道ではなかったのでしょう。

たくさん遠回りをして、時には自分の無力さに打ちひしがれることもあったのではないでしょうか。そんな米津の支えになっていたのが「面影」です。

「もう一度初めから歩けるなら すれ違うように君に会いたい」と歌詞にあるように、もう同じ思いはしたくないけれど、すれ違ってお互い気付かないような出会いでもいいから、「君に会いたい」んです。

それくらい米津にとって、その人は大切な人だったのでしょう。

「灰色と青」が意味するのは終わりであり始まりである




歌詞にでてくる「青」とは、夜明けの色であり、始まりの色です。

「灰色」と「青」というふたつの色が、過去と未来の対比となっているんですね。

灰色の部分は今でも米津の中にあって、決して失われるものではありません。それでも日々は新しくなり、無力感の先に彼は、夜明けのように綺麗な青色を見るのです。


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス