最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

国民的美少女・井本彩花、"8万150分の1"強心臓で挑む『ドクターX』「意外と冷静でした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●骨にヒビが入ったまま続けていたバレエ
今年8月開催の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」で8万150通からグランプリに選ばれた京都府出身の14歳・井本彩花。3年ぶりとなる同コンテストは30周年記念大会と位置付けられ、井本はファイナリスト21人の中から勝ち抜き、ステージ上で涙を流しながら「こんな私がグランプリを獲るとは思わなかった」と素直な気持ちを口にした。

デビューからわずか3カ月あまりの井本に、とんでもない話が舞い込む。12月7日放送のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜21:00~21:54)第9話のゲスト出演。高視聴率連発の人気シリーズ、しかも同事務所の大先輩・米倉涼子とガッツリ共演シーンがあるという大役だ。

演じるのは、プリマを夢見る13歳のバレエ少女・九重遥。バレエの選考会を目前に負傷するが、米倉演じる天才外科医・大門が救いの手を差し伸べる。小1からバレエ教室に通い、役柄と同じような経験もしたという井本。"緊張知らず"な彼女が流してきた涙の数々は、間違いなく今回の役柄にも投影されている。

○役柄と重なるバレエとケガ

――記念すべき初ドラマ。大役でしたね。

はい。撮影は昨日、無事に終わりました。初めてのドラマなので最初は緊張していたんですけど、監督やスタッフさんもすごく優しくて、少しずつリラックスしていきました。

――自宅でセリフの練習をしたそうですね。家族に見られないように。

どうやったら覚えられるのかなと考えて。やっぱり何回も読んだ方が話の内容も頭に入るし一番かと思って、繰り返し読みました。

――演じた九重遥は、どのような女の子でしたか?

すごく負けず嫌いな女の子です。足が痛くてもお母さんに心配を掛けたくないので隠したりして。私もバレエで足を痛めた時、お母さんには内緒にしていたのですごく似ていると思います。

――全日本国民的美少女コンテストの応募もそうですが、小学校1年生からはじめたバレエもお母さんの勧めだったそうですね。

小さい頃から踊ることが好きだったので、お母さんが勧めてくれました。

――なぜここまで続けられたと思いますか?

やっぱり、楽しいからだと思います。楽しいからずっとやりたい、続けたい。先生に指導されてできるようになった時や、ずっと練習を積み重ねてきた踊りを人前で披露して達成感を味わう時、楽しさを感じます。

でも、つらいこともあります(笑)。先生に言われたことがなかなかできなくて、悔しくて泣いたことなんか何度も。私も一度足をケガしたことがあって、病院に行ったら骨にヒビが入っていました。

でも、先生からは「治りかけ」と言われて(笑)。ヒビが入ったまま、ずっとバレエをしていたみたいです。
○"緊張知らず"の本音

――全日本国民的美少女コンテストのステージでは緊張しなかったそうですね。それもバレエで定期的に舞台に上がっていたからだと。

そうですね。姿勢が良くなって体が柔らかくなりますし、バレエやっていてよかったと思います。私が通っていた教室は1年に2回発表会があって、春が「くるみ割り人形」や「白鳥の湖」を数人で、秋は一人の演技です。

――最初にステージに立った時のことは覚えていますか?

確か天使の役でした。でも、全然緊張しなくて(笑)。もともと緊張しないタイプなのかもしれません。周りからも「緊張しないね」とよく言われるんですが、内心は緊張してるんです。表に出ないだけで(笑)。

――ドラマで共演した大先輩、米倉涼子さんとはどのような初対面だったんですか?

初めてお会いしたのは、撮影現場の見学をさせていただいた時。それこそ本当に緊張しながら見ていたら、「バレエやってるの?」と話し掛けてくださって、すごくうれしかったです。

●米倉涼子からのアドバイスを胸に「感情をもっと」
――ドラマでの最初のセリフは?

「あ、大門先生」です。病院のベッドで寝ている時に大門先生が登場する場面。大門先生に気づいてから言うところがポイントでした。一番印象に残っているシーンは、やっぱり最後。4行ぐらいですが、今回一番長いセリフでした。

一言だけ「ごめんなさい」というシーンでは本当に申し訳ない気持ちを込めましたが、監督からは「そこは深く謝らくて大丈夫」「明るく軽い感じで」と言われて。文字を読み込んでいるだけでは伝わらない感情でした。

――ご自身の演技を振り返ってみていかがですか?

うーん……100点です(笑)! 今の自分ができることは出し尽くせたと思います。下手なりに今の自分を表現して、レッスンの成果も生かせました。足が痛くても選考会に出ようとするシーンがあるんですが、米倉さんが「遥はバレエが大好きで選考会になんとかして出たいと思ってるから、その感情をもっと出すように」とアドバイスしていただきました。

○コンテストで流した涙の意味

――デビュー3カ月で人気ドラマ出演。しかも、共演は大先輩の米倉涼子さん。周囲の状況についていけなくなりそうですね。

本当にびっくりです。でも、やるしかない。最初にドラマのことを聞いた時は「えー!?」と驚くしかなくて(笑)。本当に自分が演じることができるのか、不安だらけでした。でも、「できる!」と自分にひたすら言い聞かせて、思い込んで解決しました。

――多くのスタッフが見守る中で、カメラの前に立つと現場の空気に飲み込まれてしまいそうです。

意外と冷静でした。たくさん人がいても何も思わないというか。全日本国民的美少女コンテストでも同じで、ファイナリストまで残って舞台に立つことができているわけだから「やるしかない」。

――グランプリに選ばれた時、涙を流されていましたね。どのような感情の涙だったんですか?

うれしいという気持ちと驚きといろいろな感情が混ざっていました。でも、「びっくり」が一番かもしれません(笑)。あの時、自然と涙が溢れてきて。普段からあまり泣かないタイプなんですけど……あれは「うれし涙」だったんですかね。「うれし涙」というものを、グランプリになるまで流したことがなかったので。

――お母さんも当然うれし涙を。

めっちゃ泣いてました(笑)。結果が発表されてホテルに帰るまでは会えなかったんですが、私を見ると「おめでとう」と祝ってくれて。お母さんが泣いていたのは発表の瞬間で、メイキングのカメラに映っていました。ホテルではすでに泣きやんでいました(笑)。

――お母さんがそれだけ喜んで涙する姿は、これまで見たことありましたか?

全くありませんでした。喜んでくれてよかったです。
○迷っていた将来の夢

――デビュー3カ月で何か変わりましたか?

学校以外は東京でお仕事があるので、バレエに通う時間や友だちと遊ぶ時間が減ったり、そういう変化はあります。でも、友だちは前と変わらず接してくれています。

――いずれ上京も。

一人で上京は絶対にしたくないです(笑)。さびしい……。せめて誰かと一緒がいいです。恐い(笑)。

――もうちょっと先ですかね(笑)。武井咲さんに憧れているそうですね。会う機会はありましたか?

グランプリをいただいた時に武井さんと一緒の取材があって。「おめでとう。本当に良かったね」と言ってくださって、うれしかったです。緊張して何を質問すればいいのか分からなくて、好きな食べ物を聞きました。うどんでした(笑)。

――ステージでは緊張しなくても、武井さんの前では緊張すると(笑)。

はい(笑)。

――数カ月前までは、まさかこんな年になるなんて想像もできませんでしたよね。もともとの夢は?

本当に迷っていました。バレエをこのまま続けて海外に留学しようと考えてもいました。そういう時に、お母さんさんからコンテストが開催されることを教えてもらって、挑戦してみることにしました。3年前も受けてみたかったんですが、当時小5で年齢的に受けられなかったんです。

――これからの目標は?

今回は1話限定のゲスト出演でしたが、レギュラー出演してみたいなと思います。それから、学園ドラマにも出演してみたいです。

■プロフィール井本彩花(いもと・あやか)2003年10月23日生まれ。京都府出身。A型。身長162.5センチ。2017年8月開催の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」で応募総数8万150通の中からグランプリに選ばれ、芸能界デビュー。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス