最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

拘束される福山雅治、不敵な笑みを浮かべる國村隼の姿も ジョン・ウー監督『マンハント』場面写真を一挙公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『レッドクリフ』シリーズのジョン・ウー監督、福山雅治、チャン・ハンユーW主演のアクション映画。高倉健主演で映画化された小説『君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ』の再映画化作品だ。劇中では、2016年の日本・大阪を舞台に、中心にオール日本ロケが敢行されました。無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と、孤高の刑事・矢村聡(福山雅治)がある殺人事件をめぐって追いつ追われつ、巨大な陰謀に立ち向かう姿が描かれる。ウー監督が、『男たちの挽歌』シリーズなどの過去作品のアクションスタイルに立ち返り、ベネチア国際映画祭やトロント国際映画祭など、世界各国の映画祭で上映されている。


解禁されたのは、ドゥ・チウと矢村が一丁の拳銃を手に取り撃ち構えるカットや、ドゥ・チウの写真を持って捜査する矢村らの緊迫感溢れる一幕を切り取ったもののほか、天神製薬社長・酒井義廣(國村隼)とその息子・宏(池内博之)が不敵な笑みを浮かべるシーンも公開。また、刑事である矢村が捉えられる意味深なカットや、事件の鍵を握る謎の美女・真由美(チー・ウェイ)、殺し屋・レイン(ハ・ジウォン)の着物姿も公開されている。
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.

2018年2月9日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。
作品情報 映画『マンハント』
主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠
監督:ジョン・ウー
撮影監督:石坂拓郎『るろうに剣心』
美術監督:種田陽平『三度目の殺人』
音楽:岩代太郎『レッドクリフ』
アクション振付:園村健介『GANTZ』
衣装デザイン:小川久美子『キル・ビル』
原作:西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画
公式サイト:http://gaga.ne.jp/manhunt/
(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス