最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

あなたは「仕事論」を語るのが好きですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。12月5日(火)の「社会人意識調査」のテーマは「『仕事論』を語るのが好きですか?」。はたして、その結果は……?
(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年12月5日(火)放送より)



番組パーソナリティの本部長・マンボウやしろ(右)と秘書・浜崎美保(左)

Q.仕事論を語るのが好きですか?

はい  28.5%
いいえ 71.5%
(回答数:375票)

◆「はい」に関する意見
「恋愛論にくらべれば、わりかし好きなほうです」
(東京都 29歳 女性 自営業)

「知らない間に熱く語っているみたいです(笑)」
(神奈川県 33歳 女性 会社員)

「語るというより、議論してしまいます。それこそ上司にも、違うと思ったら言ってしまいます。おかげで嫌われてます」
(埼玉県 35歳 男性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「仕事論を語るのは好きではないですが、聞くのはすごく好きです。その人がどんなことを思って意識して仕事に取り組んでいるのかを聞くことで、一緒に仕事をするときに自分がどうすれば働きやすくなるか考えられるからです!」
(千葉県 24歳 男性 デザイナー)

「以前は仕事論を語っていましたが、ここ数年は、お酒の場でもいっさい語ることをやめました。私は営業職7年目となりましたが、まわりの友人たちに営業職がおらず、仕事観、仕事論が噛み合いません……。接待で会社のお金でお酒を飲んだり、出張を旅行と勘違いされることもありカチンとくることが多々あるため、なるべく仕事の話はしないようにしています。私自身、頑固なところが多いため、仕事論はお互いに譲れない部分もあり、喧嘩腰になってしまうこともありました。喧嘩するほど仲が良いとは言いますが、やっぱり喧嘩して良いことはないので」
(神奈川県 29歳 男性 会社員)

「できる人はそもそも語らないから、真似て黙ってます」
(埼玉県 29歳 女性 公務員)

番組リスナーの投票による結果は「はい」が28.5%、「いいえ」が71.5%と、仕事論を語るのが好きという人はおよそ3割にとどまり、「いいえ」が多数派となりました。忘年会などで職場の人と飲みに行った際、酔った勢いでついつい仕事論を熱く語ってしまう……なんてこともあるかもしれませんが、「いいえ」派の意見を見ると、場所や人によっては控えめにしたほうが無難なのかもしれません。

【仕事論に熱い50代?】
男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合は、男性では29.5%、女性では27.2%と、仕事論を語るのが好きなのは、女性より男性のほうがわずかながら多い模様。また、世代別では、「はい」と答えた人の割合が一番高かった世代は50代で、その割合は35.1%でした。長年仕事をしてきたであろう50代なら、仕事論に熱くなってしまうのも頷けるような気がします。

◆詳しいアンケート結果はこちらからご覧いただけますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

◆12月6日(水)の「Skyrocket Company」アンケートテーマは「自己啓発本を持っていますか?」です。投票はこちらから受け付けていますので、ぜひご参加ください。結果は番組内で発表しますのでお聴き逃しなく!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2017年12月13日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~19:00
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス