最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

千原ジュニアへの忖度?芸人大喜利「IPPONグランプリ」に視聴者ア然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月2日放送の芸人大喜利王決定戦「IPPONグランプリ2017」(フジテレビ系)で優勝したホリケンことネプチューンの堀内健。オードリーの若林正恭との最終戦の結果、堀内が「それリズミカルに言うことか! なんと言った?」のお題に「冷凍庫のド~ア、こ~われた、たいへんだ~、バイトのそね君中にいる!!」と独特の“ホリケンワールド”をさく裂させて優勝を決めた。

ネット上では放送時から「ホリケンと若林、どっちも面白いからどっちが勝っても納得!」の声が吹き荒れた。今回が初参戦となった中川家の礼二、アンタッチャブルの柴田英嗣、カミナリの石田たくみには健闘を称える声が寄せられ、特にカミナリの石田には「相方の頭を叩くだけの人かと思ってたけど面白くてビックリ」「たくみ君は爪痕残したね」など、高評価が目立った。

その一方で、視聴者から冷たい視線を向けられたのが千原ジュニアだ。

「千原が予選でIPPONを獲得するたび、SNS上で『今の面白かった?』『面白くないのに面白がられるのはなぜ?』といった厳しい声が続出しました。中には『千原ジュニアに忖度してる芸人仲間多すぎ』『千原ジュニアの忖度IPPONがエグい』といった声まであがっていました」(テレビ誌ライター)

くしくも、放送前日に発表された「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」で大賞を獲得したのは「インスタ映え」と「忖度」。よもや、流行を取り入れたわけではあるまいが。

外部リンク(アサジョ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス