最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

声優 

声優が変わって残念だったアニメキャラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アニメ『それいけ! アンパンマン』のドキンちゃん役で知られる声優の鶴ひろみさんが亡くなった。鶴さんは、『ドラゴンボール』のブルマ、『らんま1/2』の久遠寺右京、『ツヨシしっかりしなさい』の井川恵子役なども務めていた。声優仲間からは鶴さんを悼む声が続々と出されている。

その一方で、ネット上には「今後はドキンちゃん役の声優をだれが務めるのか気になる」という声もある。後任についてはまだ発表されていない。アンパンマンは1988年に放送開始。2018年で30年を迎える。鶴さんの務めたドキンちゃんの声を老若男女問わず、一度は耳にしたことがあるだろう。その声にだれもが慣れ親しんでいたことから、「非常に残念」というコメントが数多く見られた。

◆声優が変わって残念だったアニメキャラは?

そこで、今回は日刊SPA!のサイト上で「声優が変わって“残念だった”アニメキャラは?」というアンケートを実施。118人からコメントが得られた。その理由と共に見ていこう。

◆ドラえもん

今回の調査で圧倒的な人数である40人以上から「残念だった」との意見が届いたのは、いまや世界中で愛されている日本の国民的アニメ『ドラえもん』。藤子・F・不二雄の漫画が原作。テレビアニメが初めて放送されたのは1973年(日本テレビ系)。そして6年の時を経て、1979年からテレビ朝日系で放送がスタートした。

「ドラえもんの声といえば、大山のぶ代さんのイメージが強い」

1979年から26年もの間、ドラえもんの声優を務めていたのは大山のぶ代。とくに30代以上のひとたちにとっては「あのダミ声がしっくりくる」という意見が多かった。

「幼い頃から大山ドラえもんを見ていたのでショックだった」

転機は2005年、制作陣や声優が一新され、大幅リニューアルを遂げた。喋り方から服装、持ち物、時代背景まで現代風にアップデートされた。とはいえ、ドラえもんだけではなく、すべてのキャラの声が変わってしまったことに、当初は戸惑いもあったようだ。

「スネ夫の独特な嫌みっぽい感じが薄くなった?」

「キャラの性格まで含めて全体のイメージが変わりすぎて驚いた」

ドラえもん役を引き継いだのは水田わさび。そのほかの声優陣も大きなプレッシャーを感じていたことは想像に難しくない。

しかしながら、もうリニューアルから12年の月日が経った。進化したドラえもんが、いまの子どもたちにとってはむしろ“当たり前”になっていることだろう。

◆磯野波平・フネ(サザエさん)

永井一郎さん時代の怒ったときの『ばかものー!』が迫力あって好きだった」

次いで多くの声が届いたのは『サザエさん』の磯野波平だ。『サザエさん』は長谷川町子が原作、1946年に『夕刊フクニチ』という新聞連載の4コマ漫画から始まった。テレビアニメは、1969年にフジテレビで第1回が放送された。のちに映画や舞台、実写ドラマ化されることもあった。そんな50年近くの歴史を誇るサザエさんだが、一家の大黒柱である磯野波平の声優を44年も務めていた永井一郎さんが2014年1月に急逝……。

「威厳ある親父の声といえば、“あの波平”だったので」

ちなみに、永井一郎さんが最後に出演した回は、視聴率23.7%を記録したという(ビデオリサーチ調べ)。ドラえもん同様に国民的な人気アニメだっただけに、残念というコメントが多数見受けられたようだ。

昭和の時代から長く続いている作品の場合、声優陣も高齢化が進む。その後、カツオや 中島なども声優が交代。2015年には、波平の妻である磯野フネ役の声優を46年間も務めた麻生美代子さん(当時89歳)が卒業し、寺内よりえさん(当時62歳)にバトンタッチした。今回のアンケートでは、「フネさんの声のトーンが若返って驚いた(笑)」など、波平と同様に多くのコメントが届いた。

◆毛利小五郎(名探偵コナン)

1994年に『週刊少年サンデー』で連載が開始した青山剛昌原作の推理漫画『名探偵コナン』。1996年から読売テレビ・日本テレビ系列でアニメが放送されている。毛利小五郎役を務めていたのは神谷明さんだ。

『キン肉マン』(キン肉スグル)、『北斗の拳』(ケンシロウ)、『シティーハンター』(冴羽りょう)でもお馴染みの声優だった。しかし2009年、神谷さんが自身のブログにて毛利小五郎役から降りることを発表した。

「当時は理由がよくわからなくて驚いた」

「声優界の重鎮・神谷明さんのイメージが強くて。たぶん、この先だれが演じても、自分が子どもの頃に聞いていたほうを意識してしまうんだろうな」

追って『週刊少年サンデー』誌上で、後任として小山力也さんが受け継ぐことが掲載された。のちに神谷さんはブログで小山さんに対し「ボクの小五郎にとらわれずに、自分の小五郎を作って欲しい」とエールを送った。

◆まだまだいる! その他のコメントを紹介

今回は様々なアニメのキャラクターへコメントが分散されたので、その一部を紹介しておきたい。

・ロイマスタング(鋼の練金術師)

「もちろん三木マスタング(三木眞一郎)も若々しくて素敵ですが、大川マスタング(大川透)の老獪なエロスを味わってしまった身としては……」

・フォウムラサメ(機動戦士Zガンダム)

「僕の大好きな女性、フォウムラサメ。劇場版で声優が変わってしまった。好きな女性の声がいきなり違ったらビビるでしょう?」

・ガッシュベル(金色のガッシュベル!!)

「最終回の間際での交代で正直、耳を疑った」

・ルパン三世(ルパン三世)

「どうしてもモノマネをしているように聞こえてしまう」

◆新たな時代へのバトンタッチ

アンパンマンの声優を務める戸田恵子さんは、11月22日に自身のブログ上で原作者やなせたかしさんのイラストと共に、鶴さんを見送った。

今後、ドキンちゃん役の声優はだれになるのか気になるところではあるが、初代や長く演じていた声優を意識してしまうのは当然かもしれない。だれでも子どもの頃に慣れ親しんだものが好きだからだ。とはいえ、毛利小五郎の神谷明さんが残した言葉「ボクの小五郎にとらわれずに、自分の小五郎を作って欲しい」が頭から離れない。

こうして新たな時代へと引き継がれていくのだ。

【調査概要】

日刊SPA!サイト上で「声優が変わって“残念だった”アニメキャラは?」というアンケートを行い、その結果を集計したものです。

調査期間:2017年11月25~26日

有効回答者数:118名

<文/山田門八>


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス