最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

クリスマスを孤独に迎える高齢者男性 スーパーに貼り紙をしたところ思わぬ反響が(独)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クリスマスを待ちきれず今からカウントダウンをしている人も少なくないだろう。欧米ではクリスマスは家族と共に過ごす大切な日であるが、この日を孤独に迎えざるを得ない人も世間には存在する。このほどドイツのある男性が「今年は一人でクリスマスを過ごしたくない」とスーパーに貼り紙をしたことで思わぬ結果を得ることとなった。『Mirror』『Metro』『FOX News』などが伝えている。

ドイツのベルリンで暮らすある年金受給者の男性は、もうすぐやってくるクリスマスを孤独に過ごしたくなかった。そこで地元スーパーの掲示板にこのような貼り紙をした。

「孤独なやもめの高齢者が、クリスマスを過ごせる小さなグループはどこにあるでしょうか。」

この貼り紙を目にした公務員のフェミーナ・リサさん(27歳)は、見知らぬ男性のことを思い胸が痛んだ。フェミーナさんは「今時、スーパーの掲示板になんてきっと誰も目を留めないだろう。この貼り紙が誰にも気付かれなかったら男性が気の毒」と思い、自身のFacebookアカウントでシェアすることにした。そして11月17日の投稿で「みなさん、どうかこの投稿をシェアしてください。誰かが男性の心を満たしてくれるといいのですが…」と綴った。

するとシェア数は6700以上になり、予想もしない反応があった。フェミーナさんが地元紙『Stuttgarter Nachrichten』に語ったところによると、孤独な男性にクリスマスランチをオファーするコメントが数百件寄せられたそうだ。「こんなに反響を呼ぶとは思ってもいなかった」と驚くフェミーナさん同様、事態を知った男性も世間の親切な反応に驚きながらもとても感謝していたという。

結果としてあまりにも注目を浴び過ぎてしまったため、この貼り紙はスーパーの掲示板から外され、フェミーナさんもオファーの申し込みを締め切ったが、男性がクリスマスを孤独に過ごす必要がなくなったことは間違いないようだ。このニュースを知った人たちは「年を取って一人というのはやっぱり寂しいものだからね。クリスマスは一日で終わるけど、孤独は永遠に続くから一緒に過ごせる人が見つかってよかったね」「“孤独な高齢者”というのが心痛むわ」「見知らぬ誰かを招待しようというクリスマス精神を持つ人がたくさんいるようでホッとした」「でもクリスマスは家族が集まって喧嘩になったりもするし、時々面倒くさいって思ってしまう。一人で静かに過ごしたい」といった声があがっている。

画像は『Femina Lisa 2017年11月17日付Facebook「***bitte teilen***Als ich das gelesen hab, hat es mir sofort das Herz gebrochen.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス