最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

出会いを確実に次につなげるコツ デートに誘ってもらうための必勝プラン♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲み会では盛り上がったのに、その後ぜんぜん彼から連絡がこない。なんで誘ってくれないんだろう……こんな経験はありませんか? たとえ男性との出会いがあっても、「また会いたい」と思ってもらえなければ恋愛には発展しません。出会いの場を増やすよりも、“出会った相手と次につなげること”の方が恋の可能性は広がります!

そこで今回は、男性から「また会いたい」「次も会ってくれる?」と思われる女子になるための注意点とポイントをご紹介します!

インスタ映えを気にしすぎ! スマホばかりいじってる女子は悪印象

・「飲食店で料理が運ばれて来ると、なにがなんでも写真撮ってインスタやSNSに投稿する女子って多い。男からしたら『せっかくの料理冷めちゃうよ~』『そんなことしてないで早く食べろよ~』って思っちゃう。そういう子とデートとかしても、インスタ映えするところに行くことしか考えなそうだから絶対誘わない」(27歳男性/公務員)

・「合コンで最初に乾杯したあと、俺が大皿料理に手を出そうとしたら隣に座っていた女性が『ちょっと待って!』と阻止。スマホで料理の写真をカシャカシャ取りはじめた。しかも『アングルが気に入らない』とかで何度も取り直し……。場の雰囲気や周囲のこと考えないでSNS用の写真取りをするような女性を彼女にしたいと思いません」(34歳男性/不動産)

――男性は女子のように流行りのお店やおいしい料理を写真にとって、それをみんなにシェアしようと躍起になることはありません。それどころか、インスタ映えを気にする女子を冷めた目で見ていたりするものです。

ついスマホを触る癖がついていない?
また、昨今ではスマホをいじるのが習慣化されている人も多いことでしょう。通勤電車の中でも、家にいるときも、食事の時もスマホを手放せない、いつでもどこでもスマホみながら行動しているという女子も……。でもそれが癖になっていると、“誰かといるとき”でも、ついスマホを触ってしまいます。普段やっている習慣というのは出て欲しくないときにでも出てくるものなのです。

男性からしたら、自分といるときにスマホをいじられているのは気分のいいものではありません。『誰にLINEしてんの?』『俺と居るのがそんなにつまんないの?』……となってしまうのです。
SNSでのリア充ぶりは男性を遠ざけます。スマホよりも“目の前のこと”に集中しましょう!

頑固で堅物な女子とは二人きりにはなりたくない!


・「あいさつや会話するときに、話し方が柔らかい女性だとすごく安心します。初対面でも、よく笑ってくれたり優しそうな印象だと、今度は別口で会いたくなります」(30歳男性/運輸)

・「反応の柔らかい穏やかな人がいいですね。『それって違うと思います』『○○じゃないですか?』なんて強い口調や決めつけた物言いをするような女性とは、絶対二人っきりにはなりたくありませんね。そういう柔軟性のない意固地な女性に、男性は『今度は二人で話してみたいな~』にはならないと思います」(33歳男性/通信)

男性は“固そう”という印象の女子をソッコーで恋愛対象から外します。自分の意志は持っていて構いませんが、人の意見を聞く耳を持たなかったり、「そんなことない」と変に謙遜したり、あまりに頑なな態度をとるような女子と男性は二人きりになるのを避けたがるのです。

男性は反応の柔らかい子がスキ♡
そんな“ハードな女子”は受け付けませんが、逆に“ソフトな女子”なら恋愛対象内。異性としてみなします。男性が好むのは柔らかな印象の女子です。それは何も“見た目“というわけではありません。口調や言い方、また表情が大切なのです。話しをしていても、そこにあいづちや笑顔がなければ、男性の居心地は悪くなります。

男性は反応の柔らかい子と「もう一度会ってみたいな~」「この子なら自分の話をきちんと聞いてくれそうだな~」と感じるのです。



おしゃべり好きな子はいいけど、ぶっちゃけすぎる女子はパス!
・「男からみて“おしゃべり好きな女子”ってかわいいとは思うけど、しゃべりすぎな女子はパス! 自分の過去の恋愛話とか元彼のこととかは黙っていて欲しい。いくら飲んだ席であっても、酔っぱらっていても、付き合う前からそういう話をしてくる女子はマジ勘弁」(25歳男性/飲食店)

・「まだそんなに親しくない仲なのに、『実はね……』『このことまだ誰にも言ってないんだけどね……』なんて打ち明け話しされるとビビる。楽しい話ならいいけど、暗い話とかヘビーな内容なんて聞きたくない。いくら顔がかわいくとも“構ってちゃん”は無理。なんか依存されそう」(27歳男性/スポーツインストラクター)

――相手から聞かれてもいないのに自分の情報を垂れ流してはダメ! ましてや、過去の恋愛の失敗談や黒歴史などを語るなんてもってのほか! また、付き合ってもいないのに自分のトラウマやコンプレックスなどの打ち明け話を言えば、メンヘラ女子かと思われるのがオチ。初っ端から自分のことさらけ出す行為は、男性に「今ならまだ引き返せるよ」と教えているようなものです。

「もっと知りたい」と思われる女子になろう
確かに、女子は「私のことを分かって欲しい」「自分のことをもっと知って欲しい」という気持ちが強く、人につい話しすぎてしまうことがあります。
しかし、男性にそういった情報を与えすぎてしまうと、彼は確実にあなたに対しての興味を失います。男性は一度にいろんなことを知ってしまうと、「なるほど、こんなもんか」「こういう子なのか……もうわかった」とお腹を満たしてしまうのです。

たとえばそれは、今話題のお店の人気スイーツを“一度食べてみたら、もう満足してしまった”のと同じようなこと。つまり、あなたが何でも話してしまえば「一度でもうたくさん」となってしまい、その後が続かないのです。

男性が「また会いたくなる」「二人で会いたくなる」のは、その子をもっと知りたいという気持ちから。男性が女子に対して探究心がなくなってしまえば、“この先に続く相手”にはなりません。だからこそ、男性のお腹をすぐにいっぱいにしてはダメなのです。

男性が「また会いたい」と思うのは話しやすい子!


・スマホで写真を取りまくったり、SNSの投稿に気を取られる女子
・感情的な物言いをしたり、断定的な言い方をする女子
・“私のこともっと知って欲しい”と自分のことを喋りすぎてしまう女子
――などなどの特徴がある子は男性にとってあまり良い印象を与えません。

良い印象を与えたければその逆をすればいいんです!

スマホではなく彼をしっかりみて、柔軟に受け答えをして、重たい話や暗い話でなく、ラフな話ができる女子……つまり男性は「会話を楽しめそうな子」となら次も会いたくなるのです。二人で会いたいポイントは、なんといっても「話しやすさ!」。楽しい時間を共有できそうな女子になることで、きっと次のデートに繋がるはずです。
(神崎桃子)

外部リンク(LAURIER PRESS)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス