最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中村優一、主演ドラマの舞台を表敬訪問「品のある雰囲気とエキストラ」に驚き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BSジャパンにて2018年1月よりスタートする新ドラマ『最後の晩ごはん』(毎週金曜23:30~)で主演を務める中村優一が、作品の舞台となる兵庫県芦屋市の市長を表敬訪問した。

原作シリーズが60万部を突破した、椹野道流(ふしのみちる)著「最後の晩ごはんシリーズ」を実写ドラマ化した本作。ねつ造スキャンダルで芸能活動休止に追い込まれた若手俳優の五十嵐海里(中村)は郷里の芦屋に戻り、定食屋の主人・夏神留二(杉浦太陽)に救われる。俳優業を離れ夏神の店「ばんめし屋」で働くことになった海里だったが、その店にやってくるのはなんと幽霊の客で……。

今回のドラマ化を受け、山中健市長は「こんな嬉しいことはありません。以前からドラマ化が出来たらいいなと思いながら読んでおりましたが、今回素晴らしい演者さんにも恵まれてまた一つ芦屋の名前が広がればと大変嬉しく思っております。多くの市民の皆様をはじめ全国の皆さんに見ていただきたいと思っております」とコメント。

原作者の椹野も「ドラマ化の話を聞いた時、お店の設定もすべて東京の方の設定に変えられるだろうと覚悟していたのでまさか芦屋の設定を活かしてくれるとは思いませんでした。ありがたい気持ちでいっぱいです」と感激。それには、すかさず千村監督から「あんなに原作に芦屋の話がたくさん出てきたら変えるに変えられませんよ!」とツッコミが入った。

また、初めて芦屋を訪れた中村は「空気がきれいで芦屋川や六甲山など素敵な風景があるところだと思いました。品がある雰囲気の場所だと思っていましたがエキストラに協力してくださった方々まで品がある方ばかりでイメージ通りで驚きました」と印象を。さらに、「原作には実際の芦屋の風景がたくさん出てくるので、“ばんめし屋”のある場所など、芦屋に来たからには絶対に見ようと思っている所がたくさんあります」と話していた。

さらにこの度、主題歌を神戸出身のアーティスト・DEPAPEPEが担当することも発表された。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス