最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バーレスク東京のダンサー50人にメイク&ケア方法を徹底調査 ベースメイクに“意外な結果”…ボディメイクも“簡単な習慣”だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【バーレスク東京/モデルプレス=12月5日】東京・六本木に店を構える新感覚エンターテイメント空間「バーレスク東京」。華々しいショーパフォーマンスを一目見ようと、国内外から男性のみならず女性の来客も多いという同店のダンサーズ50人を対象に、メイクやボディケアの秘密など様々な調査を行った。

◆バーレスク東京とは…?



同店は、ダンサーたちが華麗なパフォーマンスを繰り広げる六本木随一のエンターテインメント空間。「歌とダンスで世界を変える、歌とダンスで魔法にかける」をモットーに、セクシーでありながら力強くHAPPYを取り入れたエンタメステージを、在籍約60人のダンサー達が1日3回公演する。

◆【メイク編】使用しているファンデーション&化粧下地ベスト3



使用しているファンデーションべスト3
1位 M・A・C
2位 RMK
3位 使用していない

使用している化粧下地ベスト3
1位 PAUL&JOE
2位 使用していない
3位 M・A・C

ベースメイク編で驚いたのは、「崩れてしまうから」「パウダー(またはベビーパウダー)のみ」「下地のみ」と、不使用という回答が目立っていたこと。

しっかり作りこんでいる印象の中、肌はナチュラルに仕上げ、アイメイクやリップメイクに注力してメイク崩れを防いでいたという意外な結果となった。

◆【メイク編】パフォーマンスしてもドリンクを飲んでも“落ちにくい”リップベスト3



使っているリップベスト3
1位 M・A・C「レトロマットリキッドリップカラー」
2位 ヴィクトリアズ・シークレット「ベルベットマット」
3位 レブロン「カラーバーストマットバーム」

ダンサーが愛用する落ちにくいリップランキングの1位は、ダントツでM・A・Cの「レトロマットリキッドリップカラー」だった。2位はヴィクトリアズ・シークレット「ベルベットマット」、3位はレブロンの「カラーバーストマットバーム」だった。

落ちにくさ=マットタイプを選ぶダンサーが多いようだった。

◆【ボディ編】体型維持の方法ベスト3



体型キープの方法ベスト3
1位 気がついた時に体(ウエスト)をひねる、お腹に力を入れて歩くなどの習慣
2位 ジムなどのトレーニング、日々のストレッチ
3位 鏡を毎日見る

ダンサーたちの維持のポイントの1位は「気がついた時に体(ウエスト)をひねる、お腹に力を入れて歩く」という誰もがすぐに実践できる些細なことだった。2位のジムやポールダンスなどでしっかり運動するという意見も多かったが、小さな習慣が美しい体型作りに結びついているようだった。

また、3位の「毎日鏡を見る」という意見も多数。常に自身の体型と向き合う意識が重要なようだ。そのほか、「食べたい時は我慢せずに食べてしっかり動く」「水をたくさん飲む」「階段を使う」「日頃ヒールを履くようにする」などの方法もあった。

◆【ボディ編】肌を綺麗に保つ方法ベスト3



美ボディキープの方法ベスト3
1位 保湿
2位 スクラブ&ピーリング
3位 傷の速攻ケア

バーレスクのダンサーといえば、美しいボディラインを強調する肌の露出が多い衣装が特徴的。そこで気になるのは大勢の観客を前に自信をもってステージに立つためには日々どんなボディケアをしているのか?

1番多かったのは、モチモチのお肌を保つため「とにかく保湿をすること」だった。

特に“保湿力”や“香りの持続”などの理由からヴィクトリアズシークレットのボディクリームを使っているダンサーが多く、毎日お風呂上がりにマッサージしながら保湿を欠かさないとのこと。中には「化粧水を付けたあとにクリーム」と、フェイシャルと変わらない徹底ケアを行っているダンサーも。

2位は「ボディスクラブを定期的にすること」。

保湿とスクラブの2つをあげているダンサーが多かった。サボンのスクラブを愛用している割合が高く、基本的に週1~2ベースでスクラブやピーリングをしているという。

3位は「傷ができたらすぐに対処する」という結果だった。

その他、「毎日ビタミンCを飲む」(KAREN)、「全身脱毛」(MIU)、「コラーゲンマシン」(カナミ、サラ)※日焼けマシーンようなマシーンに20分~30分入るエステで、海外セレブなどを中心にブーム、「ストレスをためない」(かなみ)などがあった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス